新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2005年10月23日

レコーディング

今日は久しぶりに、僕の師のレコーディングに参加することになりました。

ギターソロの一部を弾かないか?と誘われ、挑戦したんです。

といっても、F#m一発のコードにつけただけですけどね。これがまたシンプルなおかげで、難し

くて...横には師がいて常にソロをチェックしていますし、急な誘いでしたので機材も師の

ものを使用しました。なんだか緊張しましたね。

 
まぁ色々と勉強になったことには間違いありません。

師は僕の作るソロに対して、的確に指示してきます。足りないことをついてきます。

一番言われたのは「跳躍は大事だよ!」という事。

スケールアプローチに関しても、コード(アルペジオ)のアプローチに関してもです。

それと、「同じアプローチは2度は繰り返してはいけない」という事。

もちろん、協調性にかけてしまってはセンスが無いソロになってしまいます。その間をうまく

潜り抜けることができるソロを作らなくてはいけません。

師の指示もあってか、古臭いコード進行の中にとても近代的な一面を垣間見られるソロ作る

事ができました。なんだか楽しかったな...。

ただ一つだけ...師の機材を使ったのは痛かった...大体、ギターですら恩師のものを使用し

ましたからね。師はミディアム・スケールのギターを使っています。僕はショート・スケー

ルのギターを愛用しています。スケールが違う分いつもと感じは違うし...スケールの違いは30

分も弾けばなんとなく解決するのかもしれませんが、弦高に関しては最後まで慣れなかったで

す。僕のはギリギリまで下げてありますが、師のギターは結構高い設定なんです。

左手はおろか右手まで感覚が違うとなると、いつものパワーを発揮するのに少し時間が必要で

した。

とまぁ今日はこんなことをしていましたね。

また、次回、機会があればぜひ参加してみたいと思います。

大体、今回なぜ弾くことになったのかというと...(終わった後に聞く)

「ソロの一部分でネタが尽きたら橋詰くんなんか弾いてよ!」というような流れだったらしい

んですけど...。

FREQUENCE.

ブログランキング

↑今回の記事又はこのブログに興味をもっていただいた方は「blog ranking」画像のクリックをお願いします。励みになります。


posted by taka at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | Edit

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。