新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2007年11月12日

機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

機動戦士ガンダム00 [ダブルオー] 公式サイト戦士ガンダム00 公式サイト

何気なく、Gyaoを見ていました。

たまたま1話が無料で公開されていたんです。

戦士ガンダム00 1話(Gyao)

これが、中々私のツボをついてくれる内容でして...

ちなみに私は、1stガンダム!?を見たことはありま

せん。

なので、過去のガンダムとの差が分からないんですね。

ガンダムの中に人が入っていて、操作しているいわゆる「ロボット」だとか...

近未来の話?だとか...

そういったことは何となく知っていました。

 
これはもはやちょっとした意地にもなってきます。

回り、特に30代の方々はこぞってガンダムの話をします。

あえて魅了されているものを見ないようにしていたんですね...。

ロボットは私も好きですし、結局ハマってしまうんだろうなぁと。

私も実際、アニメこそ見たことが無いですがSDガンダムにハマったという経緯があります。

そして、今日...

何気なく見た「機動戦士ガンダム00」ですが...

2話を見たくなってしまいました...(涙)

残念ですが、Gyaoでは1話を5話しか見ることが出来ません。

どうやら、期間限定で2話以降を配信していたのだとか...

1話は特に期限は設けていない様子でした。

ちなみに、5話は11/24(土)19時までの配信です。

とりあえず入門で1話を見たいという方も、配信中止までに見ておきたいですよね...。

内容

西暦2307年。

化石燃料は枯渇したが、人類はそれに代わる新たなエネルギーを手に入れていた。3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国とその同盟国だけだった。

3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。中国、ロシア、インドを中心とした『人類革新連盟』。ヨーロッパを中心とした『AEU』。各超大国群は己の威信と繁栄のため、大いなるゼロサム・ゲームを続ける。そう、24世紀になっても、人類は未だ一つになりきれずにいたのだ……。

そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、ソレスタルビーイング。

ガンダムによる全戦争行為への武力介入がはじまる。

1話は時代背景や世界観などを説明するための会でもあります。

一気にひきこまれました。

本編のアニメの放送時間帯は土曜日の午後6時からです。

どう見ても、子供が見るために放送されている時間帯です。

なのにこの内容。

そもそも、私はガンダムは正義のヒーローかと思っていました。

まだよく理解していない部分もあるのですが...

戦争行為への武力介入ということが正義?と思ってしまったんですね。

それって、ある種のテロ行為でもあるし...

普通の戦争と一緒なんじゃ?と思ってしまったんです。

目的にもよります。

何のために武力介入をしているのか?

本当に戦争を止めるだけが目的なのか?

など、色々と想像してしまうんです。

どうしてもガンダムがヒーローに見えなかったんですね。

そんな風に考えているのですから、興味を持ってしまうわけです。

今の段階では残念ながら2話を見られるところを把握していません。

なので、1話止まり...

いつかレンタルが始まったら、借りてみようかなと思っています。

やっぱり、昔のガンダムとは仕様とか目的とか変わっている部分ってあるんですよね?


*上記のランキングはここ1ヶ月、当ブログでどの記事がより多く見られたのかが表示されます。上位の記事でまだご覧になったことがないものがありましたら、ぜひ見てみてください。

*ランキングの情報は1日数十回更新されます。同じウインドウに新しいページが開きます。タブブラウザをお使いの方はお手数ですが、ホイールクリックで開いてください。

*全ランキング表示はこちらになります。(新しいウインドウが開きます。)

FREQUENCE.(橋詰隆志)

残り34...
posted by taka at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | Edit

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67318828

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。