新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2007年07月06日

Avril Lavigne訴えられる!?



某スポーツ紙の一面を飾っていましたね。

え?っと思い、早速リサーチしてみました。

内容は曲の盗作とのこと。

日本でこのことが話題になる前に外国では気にしている人がいたみたいです。

ということで、今回のYou Tubeはそんな二つの楽曲を比べているものです。

 
The Rubinoos(ザ・ルビナーズ)、アメリカのポップバンドだそうです。

残念ながら私はThe Rubinoosは存じ上げませんでした。

今回、似ているということだけにはおさまっていない様子...。

何せ、本当にThe RubinoosがAvril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)とその他を訴えたので

すから...。

Avril Lavigneを含む関係者複数を相手取り7月2日、カリフォルニア地裁に訴えを起こしたよ

うです。

You Tubeを見てもらえばどこの部分のことだか分かると思います。

Avril LavigneのGirlfriendという曲とThe RubinoosのI Wanna Be Your Boyfriendが

酷似しているというもの。

The Rubinoos側が盗作なのではないか?と訴えたのです。

以下、個人の見解による分が含まれます。ご了承ください。

正直、ピンと来ませんでした。

現代風に言うと...微妙といったところでしょうか?

似ているといったらそう感じる人もいるでしょうが...

私の中ではまるで別の楽曲に聴こえます。

音楽的に見てもちょっと違う印象を受けます。

メロディー、それとメロディーのリズムは似ている進行とは思います。

ですが、コード進行は全く別という風に解釈してしまいます。

ということはメロディーの持つ本来の意味も違うはずです。

もうちょっと食い下がると...

Avril Lavigneの楽曲は1、2拍目がワン(1)、3、4拍目でファイブ(5)のコードに以降します。

key=CだったらGのコードです。

メロディーはGのままですから、5thからRootの音へ変わりますね。

The Rubinoosの方はすべてワン(1)のまま、5thの音でメロディーが鳴っています。

これだけでも相当違う印象に聴こえると思うのですが...

二つを書き比べてみます。

key=Cと仮定

A:C→G→Am→F
R:C→C→F →G

コード進行だけでもこれだけの違いがあります。

歌詞が同じというのも気になるところです。

ですかこれもちょっと違うように思います。

Avril Lavigneの方はすべて完全にコーラス的な役割を果たしているように思います。

一方、The Rubinoosの方は最初のHeyがメロディー、その後のHeyがコーラスのような印象

です。

本編のメロディーなのか、それともコーラス的な役割を持つものなのか?

それだけでも大分意味は変わってくるはずです。

雰囲気が似ているからパクリ...私の周りにもすぐにパクリと関連付けようとする輩がいます。

正直、分析も無しにいい加減なことは言わない方が良いのでは?

と思ってしまうこともしばしば...

思うだけで、実際には表情にも出しませんし、言いもしませんけどね。

ただ、雰囲気だけでもパクリになる場合も十分にありえます。

音楽理論上問題が無ければ、何でも良い!!というわけにもいかないかもしれません。

とにもかくにも、訴えられるということはそれだけ訴えられた側が儲けているからでしょう。

これだけAvril Lavigneが売れていなかったら、訴えられることもないはずです。

色々な言い分があるのでしょうが、端くれも端くれ...同じ作り手という立場にいる以上、何となく

気になる新聞記事ではありました。

司法がどのような判断を下すのか、注目していきたいと思います。

TMNのGetwildとB'zのLiar! Liar!

こちらも似ていると言われている曲とのこと。You Tubeなどでどちらとも本物を聴くことができるので、探してみてください。

以下、個人の見解による文が含まれます。ご了承ください。

ちなみにサビのコード進行は以下の通り、

■TMNのGetwild(key=Am)
Am→G→F:、G:→C:、Am→G→F:、G:→C:(:は2拍という意味)

■Liar! Liar!(key=Am)
Am→G→F:、Am→G→F:、Am→G→F:、F→G→Am:

分かりやすいように、keyを合わせて考えました。
正確に言うと半音下げでしたのでA♭(フラット)mになるのかな?
そこらへんも分かりやすいように変えて表記します。
頭のコード進行はそっくりなんですね。しかもコードに対してのメロディーも(5th)5度の音で同じようにE、D、Cと下がっていく(アプローチしていく)...この部分はコードチェンジするタイミングも同じですので、似ていると感じてもおかしくないのかもしれません。
ですが、その後は全く違います。私はメロディーやコード進行は「4小節を1単位」もしくは「8小節を1単位」として、ある程度の反復は加えるものの、そう捉えるのが自然だと思っています。
1小節だけでは判断しがたいんですね。
3小節目で再び同じコード進行が出てきますが、このときはメロディーが全く違います。なので、どこかで音楽的影響はあるのかも知れませんが、8小節単位で聴いて、似ているとは思わなかったわけです。
曲の一瞬だけ雰囲気が似ているだけで、パクリという風には思えなかったわけです。
ただ、その正確な線引きというのはどこにあるのかは分かりません。個人的に、あくまで個人的にですが1小節ならまるで同じでも同じ曲に聴こえないんじゃないかなぁと思っています。ただ、2小節続けてだと...結構やばい感じがします...(汗)

2つを比べて決定的な違いはTMNの楽曲のCのコードだと思いました。♭V(フラットスリーメジャー)ですね。同主調どうしで見ると、メジャーとマイナーを決定付ける3番目の音(C)がRootのコードです。B'zの方にはこのコードは入っていません。前後が選ばれる若干特徴的なコードですので、その部分は私は耳に残りました。

乱文につき、意味不明な点が多々あり申し訳ないです(涙)
もう少し簡潔に書ければ良かったのですが...。

*上記のランキングはここ1ヶ月、当ブログでどの記事がより多く見られたのかが表示されます。上位の記事でまだご覧になったことがないものがありましたら、ぜひ見てみてください。

*ランキングの情報は1日数十回更新されます。同じウインドウに新しいページが開きます。タブブラウザをお使いの方はお手数ですが、ホイールクリックで開いてください。

*全ランキング表示はこちらになります。(新しいウインドウが開きます。)

FREQUENCE.(橋詰隆志)


posted by taka at 07:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | Edit

この記事へのコメント
言葉が同じぐらいでいちいち訴えられてたらそのうち言葉も使いたくなくなってきますね(^-^;)。
似ている程度が中途半端に高いとか、
著しく自分たちの著作を傷つけるものであるなら盗作と言われてもしょうがない気もしますけど。

前にも松本零士氏と牧原氏の騒動ありましたけど、あれは『普通そこまで似るか?』レベルでしょ。
どっちも意地を張り合うだけで
傍から見たら双方大人げ無いだけです。
どちらも結局イメージダウンにしかなってません。
言葉っていうのは伝えるための手段なんですから同じ言葉を発してはいけないなんて法律はどこにも無いわけで、自分が作ったんだと意地を張るのはどうかと思います。
仮に牧原氏が本当に自分の内からだけで作り上げたのだとしても言葉の言い様はあるわけで、対応の悪さを感じます。
前に不祥事起こしてる人間が人様の前で音楽やっている以上、年上の人間に失礼な返答しか出来ないあの人に対しては松本零士氏の発言は貫いていただきたいと思います。
長文になって申し訳ないです。
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛だったことが判明してヒートアップしてます
(^-^;)。
Posted by TOUCKE at 2007年07月06日 23:18
TOUCKEさん>
なるほど...記憶にありますねその騒動。
ちょっと前に絵画についても盗作騒動がありませんでした?
あれは正直、似ちゃってるなぁって思ってしまったんですけど...。
絵画ってその点ではちょっと不利ですよね!?あれは瞬間的なものですから。
しかも見ることでしか絵画の評価ができないんですもの。音楽は目に見えない部分、そして多くの人の手が加わっていますしなかなか盗作と判断できる場所も少ない気がします。言葉に関しては実際に目に見える部分ですので、判断もしやすいかと思います。
対応一つで大分印象が変わってくるというのも理解できます。
正直、槙原さんがどのような対応をおとりになったのかまでは存じ上げませんが、きっと他にもっと良い方法があったんじゃないかな?と思われるような対応だったんですよね!?

お体、大事にしてあげてください(涙)
ともあれ、体が無いと作るどころの話ではなくなってしまいます。
原因が分かったことはそれにあった治療も進められるということですよね?かなりの進展だと思います。
早期快復を心よりお祈りいたします。
Posted by taka at 2007年07月07日 12:55
初めまして!
アブさんの記事を検索していたらたどり着きました。
YouTube見ましたけど僕も同じ曲にはまったく聞こえません。
雰囲気もそうですが個人的に
リズム(楽曲的ではない歌の持つ物)
メロディ()
Posted by ハレ at 2007年07月12日 17:29
初めまして!
アブさんの記事を検索していたらたどり着きました。
YouTube見ましたけど僕も同じ曲には聞こえません。
雰囲気もそうですが、個人的に
リズム(楽曲的ではない歌の持つ物)
が全然違う気がします。
同じような曲として感じる楽曲は他に多々ありますが、これはまったく同じには聞こえないですよね。

ところでTMNのゲットワイ○ドとB'zのLiarLi○rって似てませんか?
Posted by ハレ at 2007年07月12日 17:36
ハレさん>
記事に対してのコメント、ありがとうございました。そうですよね...Avril Lavigneの肩を持つわけでは決してありませんが、ちょっと無理がある訴えのような気がします。
もちろん、自分では判断できないことですので、司法の判断が気になるところです。
ちなみに、私が自分で曲を作る場合も、今回取り上げたようなくらい似ているとしても、「パクリ」という認識にはなりません。
おそらく、平気で世の中に出したいと思うことでしょう。音楽はメロディーとコード意外にも色んな要素がありますしね!!

ちなみにTMNのゲットワイ○ドとB'zのLiarLi○rについて、ちょこっと自分なりに検証してみました。
せっかくですので、記事に追記しておきました。お時間があるようでしたら、ご覧になってください。

また、お気軽にコメントをくださるとうれしいです。
ブログやサイトなどをお持ちのようでしたら、ぜひ紹介していただきたいと思います。
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2007年07月13日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。