新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2007年07月02日

ちょっとした憤り

YAMAHA HS-50Mサンミューズ オンラインショップ

私がメインに使用しているモニタースピーカーです。

YAMAHA HS50M

諸先輩方は皆、YAMAHA NS-10を使っています。

その音質は聴き慣れたつもりです。

それと比較し、個人的にこれなら大丈夫だ!と判断し購入したモニタースピーカーです。

欲を言うなら、別売りのサブウーファーを足せば◎です。

すべての音域をフラットに出してくれると思います。(波形上)

とは言うものの、NS-10よりも低音域は出ているように感じています。

このモニタースピーカーに対して、憤りを感じる評価の書き込みを目にしました。

 
私はあまり感情を表には出さないタイプの人間です。

この類の評価もスルーしてしまえばそれまでです。

ですが、ある評価に対して思いっきり憤りを覚えてしまい...

記事にしなくてはいられなくなってしまったものがあったんです。

ということで、今日は珍しく否定的な立場から記事を書きたいと思います。

それはこういったもの...

近くで聴くとノイズがひどい。最悪。

こんな評価の仕方がありますか?

近くで聴くと?

こういった非日常の使い方による評価はやめて欲しいと昔から思っていました。

大体、近くで聴くことなんてないだろうに...

近くで聴く様は想像するだけで相当間抜けです。(汗)

その方はホワイトノイズだとか何だとか言ってました。

私が聴く限り、しっかりとしたリスニングポイント(およそスピーカーからの距離3m)まで離れてし

まえば、ノイズなど一切聴こえてきません。

普段、あまり大音量で聴くこと(ヘッドフォンなどで)は避けてきていますので耳は良いほうだと思

います。小さいノイズなどもしっかりと聴き取ることができるでしょう。

メーカーが推奨している使い方で初めてその機材の真の性能が発揮されるはず。

なぜ、それに従わず低評価をするのか?

迷惑な書き込みにもほどがあります。

その書き込みは評価を入力する形式でした。

その方は、そのノイズが理由で評価を下げていました。

これを信じてしまった方はどうなるの?

ネット上の情報のほとんどは信頼できるものと信じています。

ですが、こういった書き込みを目にするたびに信頼が崩れいく気がして...

ちょっと悲しい気持ちにもなります。(涙)

私の中では...

パソコンのモニターに例えると...

アクティブなウインドウをマウスでドラックし、画面上でグルグル回す。

たまについて来ていないときがあるからモニターの応答速度が悪い。


という風に言っているのと同じに感じます。

アクティブなウインドウをグルグル回すことなんてまず無いことです。

非日常な使い方で性能を判断して欲しくない。

そして、商品、アーティストなどを批評をする際にはもっと気を使うべきだ。

切に思った出来事でした。

記事とは直接関係ないことですが...

サンミューズ オンラインショップでYAMAHA HS50Mを購入するのが一番安いかと...

私が探した中ではずば抜けて安かったです。

YAMAHA HS50Mの購入を考えている方がいるとすれば、ここかも知れませんね。


*上記のランキングはここ1ヶ月、当ブログでどの記事がより多く見られたのかが表示されます。上位の記事でまだご覧になったことがないものがありましたら、ぜひ見てみてください。

*ランキングの情報は1日数十回更新されます。同じウインドウに新しいページが開きます。タブブラウザをお使いの方はお手数ですが、ホイールクリックで開いてください。

*全ランキング表示はこちらになります。(新しいウインドウが開きます。)

FREQUENCE.(橋詰隆志)


posted by taka at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | Edit

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。