新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2007年03月16日

smartインテリアBOOK

smartインテリアBOOK (2007年春号)コンビニなどに置いてある本ですね。

■購入はこちら(Amazon)

ちょっと興味があって、ついつい読んでしまいました。

しかし、素敵なお部屋ばかりです...

音楽的なお部屋もあったりして...

お金も無いのに、見栄の部分が出てきてしまいました(涙)

内容をちょっとだけ掲載しているサイトを見つけました。

smartインテリアBOOK(2007年春号)宝島チャンネル

本当に憧れてしまいます...

ただ...この類の本を見ていていつも思うことがあります。

これって2部屋以上必要なんじゃ?

 
中にはうまい具合に寝室をアレンジしている部屋もあります。

めちゃくちゃ生活感がありません。

ということで、私の目指すオシャレな部屋とは...

生活感が無い部屋ということになります。

うぅん...憧れますねぇ...

私の部屋はパソコンが置いてありますし、その上には大量の資料が置いてあります。

もう、これだけで生活感は丸出し状態です(汗)

いくらか勉強して、目隠しという技術は多様していますが...

それでも使い勝手を優先してしまった箇所も多々あります。

こういう場面で寝室や趣味部屋(仕事部屋?)が別にあったらなぁと思います。

インテリアブックは主にリビングを紹介している本という解釈で見ています。

人を招くところね。

とすると...

一軒持ってないとダメなんですよ。

以前もちょこっと書きましたが、友人を自宅のリビングに招くことは絶対にありません。

だって、実家なのですから...

親父いますし...

親父と私と、私の友人?

おかしぃでしょう?

それでも何か参考にならないか?

ということで、今回は間接照明の特集を見ました。

よくよく見てみると、私の部屋には間接照明が一つもありません。

ある建築関係の仕事をしている友人が言っていました。

今は、新築の段階で埋め込み式で間接照明がついていると...

スポットライトとかね...

ただ、意外とお金がかかるらしいんです。

お金というのは設置に関するお金ではなく、光熱費のことです。

間接照明だらけにしてしまうと、どうしても薄暗い部屋になってしまいます。

直接と同じくらいの明るさを出そうとしたら、やはり数が増えてしまうんでしょう。

元々、間接照明というくらいですから、補助的なものだとも思います。

そこらへんを理解していなく、「暗い」などとクレームをつけてくる方もいるみたいです。

ちなみに私は暗いところは大好きです。

今も自宅の電気は一つしかつけていません。

二重丸になっている電灯の一つだけっていうことです。

友人には「この部屋暗い」と文句を言われますが...

徐々にオシャレな部屋にできれば良いですけど...

案外、間接照明も高価なものです。

探せば安いのもあるのでしょうが...

本当に「徐々に」になりそうな感じです。

それと、一つ重要なのは...

家具の色をそろえることだそうです。

全くあわせなくとも、暗めの色、明るめの色という安易な感じでいいそうなのですが...

目隠しもそんな感じで決められると良いみたいです。

私は目隠しは無意識のうちに暗いものを選んでいます。

黒とか大好きですから...

とか言いながら...

私が居る部屋は紛れも無く和室です。(汗)

何か、方向性が洋室なような気がして...

そもそも無謀な願望なんじゃないか?

と思ってしまうこともあります。

大理石に囲まれてワインを飲む生活に憧れている反面...

畳の部屋で雑魚寝が良いじゃ?

「落ち着くと落ち着かない」

「オシャレとオシャレじゃない」

両者が微妙に交錯する...

なんともまとまりのない話なのでした...(汗)


*上記のランキングはここ1ヶ月、当ブログでどの記事がより多く見られたのかが表示されます。上位の記事でまだご覧になったことがないものがありましたら、ぜひ見てみてください。

*ランキングの情報は1日数十回更新されます。同じウインドウに新しいページが開きます。タブブラウザをお使いの方はお手数ですが、ホイールクリックで開いてください。

*全ランキング表示はこちらになります。(新しいウインドウが開きます。)

FREQUENCE.(橋詰隆志)


posted by taka at 22:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑貨 | Edit

この記事へのコメント
いや〜、笑ってしまいました(笑)。
そうなんですよねぇ、生活感・・・わかります。私も丸出しです(笑)。
こういう本(smartのインテリアものは何冊か持ってます)に出てくる部屋って(私にとって)現実離れしていますが、参考になります。
自分としては(和室の良さをいかして)和室をいかにかっこよくするかが課題です。
Posted by Marty at 2007年03月19日 03:29
あたしもインテリアブック読むの大好きで、ついつい買っちゃいます(*^_^*)
ホント憧れるよね〜♪参考にしよ〜とか思うんだけど〜、
takaさんと同じで、結局目隠し術くらいしか真似できないのが現実です(笑)
我が家も生活感丸出しだよ(*´艸`*)ププ

間接照明っておしゃれだよね☆
うちの父がインテリアに凝ってて、間接照明を何個も使って素敵な部屋にしてるので、
真似したいな〜!と言うと、けっこう電気代も増えるぞ〜というので(笑)
主婦には痛い話というわけで、今は我慢してます(笑)
いつかマイホームを建てたら、絶対やってやるぅ〜と思っているこっちでした(*´∀`)
Posted by こっち at 2007年03月19日 13:30
Martyさん>
理想と現実が離れてしまって参ってしまっています(涙)
やっぱりある程度お金をかけないとダメですよね...少なくとも数十万はかかるような気もします。
そうそう!現実離れはしているけど、参考にはなるんですよね。すごくよく分かります。

私の部屋は畳の上から、タイルカーペットを敷いています。
いくらか防音効果もあるようです。
音楽人にとって、見た目もさることながら、防音にも出費があるので、痛いところです。(涙)
いつかMartyさんの素敵な和室が見られれば良いなぁと思っております。
Posted by taka at 2007年03月20日 15:43
こっちさん>
ティッシュ箱一つでも生活感出ちゃうときはでちゃうからねぇ...(涙)
何も置かないのが近道なのかも!?
外国の人ってたまに和式=空っぽの部屋っていう想像をするんだよね。
「今、引越ししているだ!だから部屋は空っぽ!まるで、日本式だよ!」というような冗談があるようです。
埋め込み式の家具がそう思わせるのかな?

電気代>
やっぱりそうでしたか...かかるんですよね(涙)
おそらく私の場合、人が居ないときは間接照明なしの生活になりそうなだなぁ。
最近良く出る、「見栄」ね。
ってか、マイホーム建てたら見に行きたいですよ!!
マイホームだったら、最初から関与できるし楽しみも増えるんだろうな。
私なら間違いなく、スタジオから設計してもらうと思う。
Posted by taka at 2007年03月20日 15:49
和式=空っぽの部屋っていう外国人の発想は初耳だぁ☆
確かに広いお家なら、和室は何もない客間的イメージだよね!?
我が家はばっちり寝室に使ってますが(笑)

そうだね〜!!takaさんの場合なら、スタジオをいちばんに設計しなきゃね(*´∀`)
マイホーム建てたら、ぜひ遊びに来てください♪
って。。。いつの話になることやら(笑)
Posted by こっち at 2007年03月22日 15:02
こっちさん>
大体、想像している和室っていうのがおそらくお城とかだと思うんだよね。
確かに、時代劇とかで出てくるお城は本当に何も無いもんね。
だとしたら、何となくそう思ってしまうのはうなずけるような気もする。
未だに日本はあんな感じなんじゃないか?って思っている外国人はたくさん居ると思うよ!?

私はマイホームなんていう大そうな夢は今のところもてそうに無いですが...(涙)
逆にもし仮に私がマイホームを手に入れることが出来たら、遊びに来てくださいね。
ご招待します。(笑)
Posted by taka at 2007年03月24日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。