新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2006年07月07日

映画 博士の愛した数式

映画 博士の愛した数式
価格: ¥ 3,905 (税込み) 1,500円以上国内配送料無料 Amazon博士の愛した数式公式サイト

レンタル開始日: 2006年07月07日
DVD発売日:2006年7月7日
販売価格:¥ 3,905 (税込み)-Amazon-
製作年: 2005年
公開: 2006年01月21日
製作国: 日本
配給: アスミック・エース エンタテインメント
収録時間: 117分
出演者: 寺尾聰(寺尾聡) 深津絵里 齋藤隆成 吉岡秀隆 浅丘ルリ子
監督: 小泉堯史
製作: ----
脚本: 小泉堯史
詳細: 原作:小川洋子

ストーリー
不慮の交通事故で、天才数学者の博士は記憶がたった80分しかもたない。何を喋っていいか混乱した時、言葉の代わりに数字を持ち出す。それが、他人と話すために博士が編み出した方法だった。
その博士のもとで働くことになった家政婦の杏子と、幼い頃から母親と二人で生きてきた10歳の息子。博士は息子を、ルートと呼んだ。博士が教えてくれた数式の美しさ、キラキラと輝く世界。母子は、純粋に数学を愛する博士に魅せられ、次第に、数式の中に秘められた、美しい言葉の意味を知る―。Amazonより

 
友愛数
完全数
素数


映画に出てくる数式?の一例です。

案外、数字が絡んでくる映画は好きで良く見ます。

僕が好きな洋画「コンタクト」にも素数が絡んできますね。大して意味はありませんが...。

ですが、この映画はそこから入ったわけではありませんでした。

「博士の愛した数式」はほとんどのロケを僕の生まれ育った所(地元)で行っています

信州上田フィルムコミッション

これがそもそもこの映画を見ることになったきっかけでした。

博士の愛した数式の一場面車で10分以内の距離です。

他にも軽井沢や小諸、坂城、千曲

市でもロケをしたようです。

どちらにせよ、近いところ、行った

ことがあるところでのロケでした。

地元の映画館では関係者を交え

て、披露試写会もやりました。

出演者は来たのかな?

馴染みの場所がいくつか登場してましたね。

あぁとっても綺麗に写ってる!!というような感じ...

見慣れた場所ですが、ブラウン管越し(今風だとプラズマ越し?)だと全然違いますね...

ですが、この映画はそれだけでは終わりませんでした。

内容もとっても良いものでした。

やはり数字が絡んでくると見ちゃうんですね...

結局、眠いのを我慢して最後まで見てしまいました。

レンタルしてきたものなのですが、よくよく調べると今日レンタル開始のものでした。

運良く借りられたみたいです。

キーワードの一例として出した数々の「数」ですが、劇中で解説されています。

僕と同じような印象を受けた方はきっと多いはずです。

「こんな風な授業をやってくれたらきっと楽しく勉強できただろう」

数字の持つ深さを味あわせてくれました。

原作を見た方からは辛口な評価もされていましたが、個人的にはお勧めの映画です。

僕の地元でのロケということも含め、ぜひ購入・レンタルしてみてください。

「博士の愛した数式」の原作を紹介
博士の愛した数式 小川 洋子 (著) 
価格: ¥1,575(税込) 原作 博士の愛した数式 小川 洋子 (著)
1990年の芥川賞受賞以来、1作ごとに確実に、その独自の世界観を築き上げてきた小川洋子。事故で記憶力を失った老数学者と、彼の世話をすることとなった母子とのふれあいを描いた本書は、そのひとつの到達点ともいえる作品である。現実との接点があいまいで、幻想的な登場人物を配す作風はそのままであるが、これまで著者の作品に潜んでいた漠然とした恐怖や不安の影は、本書には、いっさい見当たらない。あるのは、ただまっすぐなまでの、人生に対する悦びである。
¥ 1,575 (税込み) 1,500円以上国内配送料無料 -Amazon-

サイト内検索
博士の愛した数式、以外の映画関連記事

参考サイト
博士の愛した数式 公式サイト

検索エンジン
■「博士の愛した数式」でGoogle検索
■「博士の愛した数式」でヤフー検索
■「博士の愛した数式」でgoo BLOG検索


トラックバック
映画「博士の愛した数式」に対するトラックバックが非常に多いようです。そのネットワークに加わりたいと思います。多いところでは170ものトラックバックがついています。よって、通常行っている記事中の言及リンクは割愛させていただきました。
もちろん、この記事へのトラックバックは自由に行ってください。
また、当ブログのトラックバックに関する考え方はこちらをご覧下さい。

本日、聴いた音楽
本日、橋詰隆志が聴いた音楽

画像またはテキストのリンクからリアルタイムの情報をご覧いただけます。

FREQUENCE.

ブログランキング

↑今回の記事又はこのブログに興味をもっていただいた方は「blog ranking」画像のクリックをお願いします。励みになります。


posted by taka at 22:00 | Comment(30) | TrackBack(82) | 映画 | Edit

この記事へのコメント
ご訪問&TBどうもありがとうございました。
博士の愛した数式の映画も早く観てみたいと思います。

またのご訪問・TBお待ちしております!
Posted by 映画生活 at 2006年07月10日 03:14
こんにちは♪
TBありがとうございました。
私は原作ファンですが、この映画はとても丁寧に作られており好感が持てました。
最近はフィルムコミッションの活動が盛んで、いろんな地方の顔を見ることが出来てうれしいですね。
Posted by ミチ at 2006年07月10日 08:07
映画生活さま>
コメント、トラックバックありがとうございました。
僕はまだ原作のほうは見ていません。逆になちゃったかな?と思っていますが、出来るだけ早く原作の方を見てみたいと思います。
Posted by taka at 2006年07月10日 15:32
ミチさま>
コメント、トラックバックありがとうございました。
原作ファンの方の一部の方には映画版はかなり辛口に書かれているものもありました。なおさら原作を見て判断しなくてはいけないのだなと思いました。

フィルムコミッション...
そうですね。結構盛んみたいです。最近は映画だけでなく、ドラマのロケなどにも積極的に参加しているようです。
Posted by taka at 2006年07月10日 15:37
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
地元ロケの映画ってまた格別なのでしょうね。
jamsession123goは、そんな経験はありませんが、地元でロケしたと友人に勧められたバルトの楽園は、ちょっとだけ、そんな気持ちになれました。
Posted by jamsession123go at 2006年07月10日 20:12
はじめまして。
TBありがどうございました。

こんなふうに数学を教えてくれるひとがいたら
・・・人生変わってたかもしれません。(笑)

地元の風景がスクリーンに展開されると
妙な身内意識でもってなおさら
応援したくなっちゃいますね。
ふるさとを離れていたら、妙にホッとしたり・・・。

本屋大賞をとった原作なんで小説のほうも
ミーハー気分で読みました。
意外にすんなり頭にはいってきて
寺尾聡さんの声とアクションが
頭の中で動いてました。(配役がきまって
予告編みたあとでしたので・・)
Posted by Ageha at 2006年07月11日 13:56
amsession123goさま>
コメントandトラックバックありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。
地元ロケ、そんな感じでした。特に近かったのは映画で使われた少年野球の大会が行われた球場です。車で5分10分です。
僕も少年時代、その球場で大会をしました。なので、違った感じで映画を見ることが出来ました。
Posted by taka at 2006年07月12日 15:12
Agehaさま>
コメントandトラックバックありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
こんなふうに数学を教えてくれるひとがいたら>
本当にそう思います。当時ただでさえ数字には興味がありました。今はもうダメですが...。あんな授業をしてくれたら、絶対に興味を持ってしまいますよ。
最後に生徒さんがお礼を言ってくれて安心しました。
何も反応ないのかな?と心配しちゃってましたから...。
反応が1人だけっていうのも何だかリアリティーがあって良かったように思います。

原作...
僕はまだ見ていませんが、僕もおそらく出演者の皆さんの声とアクションが頭の中で動いてしまうと思います。(笑)
寺尾聡さんの演技は結構残りますね...。
Posted by taka at 2006年07月12日 15:19
TBありがとうございました。
私は学生時代数学が苦手だったので
こんな先生がいたら本当によかったのにな
と思います。
実は原作は斜め読みに終わってしまっているので
これを機にじっくりと読んでみる気でいます。
Posted by きゃろらいん at 2006年07月13日 09:06
きゃろらいんさま>
コメントandトラックバックありがとうございました。
こんな先生がいたら良かったですね!!僕もそう思います。
「楽しい、イメージできる」というのは結構重要でした。なので、当時社会科などには興味があったような記憶があります。

僕はまだ原作は未体験です。これを機に原作の方も読んでみたいと思っています。
Posted by taka at 2006年07月14日 18:07
TBありがとうございました。
映画を観ている最中に、私の出身地が映っていると気づき、とてもうれしかったです。
あの野球場は、応援には行ったかも・・・。
Posted by km_achin at 2006年07月15日 06:59
km_achinさま>
コメントandトラックバックありがとうございました。
初めて、身近な人と出会いました。トラックバックしている最中は違うことに気を取られていたため、気づきませんでした。(ブログタイトルについて!)
冷静に考えてみるとあぁ!!!ってな感じでしたね。すごくビックリしました。
まぁ分からない人にはまったく分からないことですがね...
今後ともぜひよろしくお願いします!!!
Posted by taka at 2006年07月15日 07:19
こんにちは。TBありがとうございました。
原作と違う部分もあったけど、映画は映画でよかったです。
この映画のロケ地、素敵なところですね。

数学は大嫌いですが、これに関連して藤原正彦さんの本など読んで、
数学も”美しいもの”なんだなーと認識を改めました。
Posted by kino at 2006年07月15日 10:41
kinoさま>
コメントandトラックバックありがとうございました。
原作はまだ未体験ですが、僕もkinoさん同様、原作と映画は全く別物としてとらえているような気がします。映画は映画ということですが、そういうことならさらに原作を見てみたくなってしますね。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2006年07月17日 20:59
はじめまして
今回はTBありがとうございます!
このような記事をどんどん色んな方に見てもらいたいですね♪
今後とも宜しく御願い致します。
Posted by TSUTAYA AV CLUB at 2006年07月19日 09:53
先日は、トラバ有難うございました。
軽井沢というのは知っていましたが、他にもいろいろな土地が映っていたのですね。
私は未だに原作は読んでいませんが、映画ならではに、数字に対する説明が上手く出来て、判りやすくなっていたのではないかと思います。原作の内容と重点が違っているのかもしれませんが、それはそれでも、この作品として良いものになっていて良かったのではないかと思いました。

あ。ちなみに、関係ないですが、うちのオットはジャズギターをやってます…(^^)b
Posted by まこ at 2006年07月19日 20:48
TSUTAYA AV CLUB>
コメント、ありがとうございました。
もし、よろしければこちらの記事へのトラックバックもお願いします。

知名度のあるビデオショップさんに紹介されていれば、この映画を見る人も多くなっていくのだろうと思います。
今後も良い映画を紹介していってください。また、お邪魔させていただきます。
Posted by taka at 2006年07月20日 20:08
まこさま>
コメントありがとうございました。もし、よろしければ、この記事へのトラックバックもよろしくお願いいたします。
僕は比較的、映画から先に見てその後に原作を見るパターンが多いような気がします。
今回もそのパターンになるのかもしれません。

旦那様はプロのギタリストですか!?それは恐れ多いことをしてしまいました。もし、ブログに旦那様のことが書かれているのならば、今後もお邪魔させていただくことが多くなるような気がします!!!
今後もぜひ、よろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2006年07月20日 20:14
TBありがとうございました。
地元で撮影されたんですね。知ってる風景がでるとドキドキしますよね。
学生の頃数学が苦手だったのでこんな先生に教えてもらえたら好きになったかなと思います。
Posted by まんり at 2006年07月23日 22:18
まんりさま>
コメントandトラックバック、ありがとうございました。
地元での撮影、やはりドキドキでしたね。ちょっと普段とは変わった印象で見ることが出来ました。
なんだか、最近は映画の撮影が頻繁に行われているみたいです。今年も何度か撮影がありました。その昔、トリック映画版の撮影が行われた時は撮影風景を見に行きたいなと思いました。
今後とも、色々は情報交換ができるといいなと思っております。よろしくお願いします。
Posted by taka at 2006年07月24日 20:32
トラックバックありがとうございました。
この映画を見て、感動された方がこんなにも多いのですね。
私も、お仲間に入れていただきたく、トラックバックさせていただきました。
Posted by 香里太郎 at 2006年07月31日 13:19
 また寄らせていただきます。
Posted by 先生のテニスブック at 2006年07月31日 19:42
TBありがとうございます。
数学の授業に漢字が出てくるとは。。。
世の中には謎がまだまだ溢れてるなぁ〜と思いました。

景色はとってもきれいでしたね〜。
心が和みました。
Posted by きんぎょ at 2006年07月31日 20:48
TBありがとうです。キレイな場所で育ってるんですね♪。全体的な色が、より涙を誘う感じでしたもんね。画面のキレイさはやっぱり日本ていいなぁ〜とつくづく思っちゃいます。ほんとに博士みたいな先生がいたら、いろんな数字が楽しいでしょーね。しかし、ほんとにすごい勢いで泣いたなぁ。映画であんなに泣いたの結構久しぶりでスッキリしましたw。これからもいー映画いっぱい見たいですネ。
Posted by aico at 2006年08月01日 01:04
香里太郎さま>
コメントandトラックバックありがとうございました。
そうなんです。反響がとても多いようです。博士の愛した数式に限らず映画の話題に関しては反響が多いみたいですね。僕もビックリしました。
一緒に仲間になりましょう(笑)
今後とも情報交換よろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2006年08月01日 06:53
先生のテニスブックさま>
コメントありがとうございました。
ブログの方を閲覧させていただき、この映画についていい評価をなされているブログさまにトラックバックをさせていただきました。突然のコンタクトになってしまして、申し訳なく思っております。
もし、よろしければこの記事へのトラックバックもよろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2006年08月01日 06:57
きんぎょさま>
コメントandトラックバックありがとうございました。
まさかですよね。まさか感じが出てくるとは僕も思いませんでした。漢字が出てきた瞬間完全にこの映画のとりこになってしまったのだと思います。
長野県は海がありませんので、学校のシーンなどに写る海はどこか別のところです。滝のシーンとか野球のシーンとか学校以外のシーンは主に長野です。
今後とも情報交換の方よろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2006年08月01日 07:06
はじめまして、TB有難うございました。
とても心温まる映画でした。ロケ地は長野県だったのですか。子供の頃、自分の地元にもこういう小川があったなあとか、原っぱがあったなあとか、子供時代のノスタルジーも感じることができました。
Posted by キュブ零 at 2006年08月01日 21:56
aicoさま>
コメント、ありがとうございました。
もしよろしければ、この記事へのトラックバックもよろしくお願いします。
キレイな場所な事は確かですが、逆にとればタダの田舎なんです(涙)
唯一の救いが新幹線の駅があることと、高速道路のインターチェンジがあることです。
山に囲まれているため、平野などに行くとまったく落ち着きません。(無意識に...)不安になるというかなんというか...。
そんな田舎で音楽をしております!!
今後とも色々と情報交換が出来ると良いですね。よろしくお願いします。
Posted by taka at 2006年08月02日 06:34
キュブ零さま>
コメントandトラックバックありがとうございました。
キュブ零さまは本当に映画にお詳しいようです。特に邦画がお好きなようですね。僕も邦画が大好きです。なので、キュブ零さまのレビューなどを参考にしていきたいと思います。今後もお世話になると思います。色々な情報交換などができたらいいなとも思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2006年08月02日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック

博士の愛した数式
引用文(概要): 博士の愛した数式 著者:小川 洋子販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細
ブログ名: 映画生活
日付: 2006-07-10 03:10

博士の愛した数式
引用文(概要): 金、土とスキーに行ってきて(1日目、2日目)、土曜は遅くても夕方には帰るかな??と思い、私のホーム映画館ではちょうどその日にこの映画の先行上映があるっていうんで、行けたら行くか!って感じだったんですが..
ブログ名: 欧風
日付: 2006-07-10 05:36

シネマ日記 博士の愛した数式
引用文(概要): 私が高校時代に、この映画を観られれば、「数学嫌いにならなかった」と思わせるほど、文学的に、そして哲学的に美しく数学を表現しています。 記憶が80分しか持たない博士と家
ブログ名: skywave blog
日付: 2006-07-10 05:43

博士の愛した数式??新潮文庫
引用文(概要): 小川 洋子 博士の愛した数式 第一回本屋大賞に輝いたベストセラー作品、「博士の愛した数式」が、やっと文庫本になりました。話題になっていた頃から、ずっと「文庫になったら読もう」と決め..
ブログ名: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
日付: 2006-07-10 06:59

博士の愛した数式
引用文(概要): この作品は小川洋子作の「第一回本屋大賞」を受賞した話題の?同名小説 を映画化した作品です。 主人公の天才数学者「博士」は、交通事故による記憶障害のため、80分しか記憶がもちません。何を話して..
ブログ名: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
日付: 2006-07-10 07:01

「博士の愛した数式」
引用文(概要): 「博士の愛した数式」九段会館 movie.walkerplus.com/hakase でこの作品のキャンペーンが始まりましたがうまくリンクできません。なさけない。 http://ip01.c..
ブログ名: てんびんthe LIFE
日付: 2006-07-10 07:54

博士の愛した数式
引用文(概要): 80分しか記憶を保てない天才数学者と家政婦と10歳の息子の話。 試写会で観てきました。 いい話でした。静かで、柔らかで、優しい話。 長野の山の方が映画の舞台となっているらしく、 風景と..
ブログ名: BUNPITUノHIBI
日付: 2006-07-10 07:56

映画「博士の愛した数式」
引用文(概要): 映画館にて「博士の愛した数式」★★★★☆ 小川洋子著の同名小説の映画化。私にとって「博士の愛した数式」は一昨年出会った大切な本のひとつ。その本の中で語られた数式の美しさ、博士の人となりなどがどのよう..
ブログ名: ミチの雑記帳
日付: 2006-07-10 08:05

『博士の愛した数式』
引用文(概要): 僕の記憶は、80分しかもたない。 ■監督・脚本 小泉堯史■原作 小川洋子(「博士の愛した数式」新潮社刊)■キャスト 寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子□オフィシャルサイト  『博士の愛..
ブログ名: 京の昼寝〜♪
日付: 2006-07-10 08:20

「博士の愛した数式」(小川洋子著)
引用文(概要):  読み終わりました〜  映画と同様に、優しく温かい原作に触れて本当に良かったと思いますそれぞれの登場人物は映画を先に観た事によって、特に自分自身で登場人物を想像させるわけでなく、観た映画のイメージの..
ブログ名: 京の昼寝〜♪
日付: 2006-07-10 08:20

博士の愛した数式/寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、齋藤隆成
引用文(概要): これホントは初日に行くつもりだったんですよォ、それも寺尾聰さんの舞台挨拶付きの回。チケットも入手してたんだけど、雪のために断念しちゃいました。行けないこともなかったんですけど、ちょっと我が家の事情もあ..
ブログ名: カノンな日々
日付: 2006-07-10 10:26

映画「博士の愛した数式」
引用文(概要): 博士の愛した数式は、eのπi乗=??1 → eのπi乗+1=0 ・・・オイラーの公式やら、素数、約数、虚数、完全数、友愛数、そんな話で展開する・・。 数学教師ルート先生(吉岡秀隆)の..
ブログ名: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
日付: 2006-07-10 12:20

博士の愛した数式
引用文(概要): 映画「博士の愛した数式」の感想です
ブログ名: ジャスの部屋 -映画とゲーム-
日付: 2006-07-10 14:58

博士の愛した数式
引用文(概要):  この生徒たちは何年生だ?とか、ルートの本当の名前はトオルっていうんじゃないのか?などとつまらないことを考えてしまった。
ブログ名: ネタバレ映画館
日付: 2006-07-10 15:44

博士の愛した数式
引用文(概要): 数字に込められた神秘的な世界を、温かい心で魅せられてしまった。博士の愛した数式の意味は完全には理解していないけど、確実に感じる事ができた。これは本当に見てよかったと思えた唯一の邦画作品。 交通事故で..
ブログ名: シャーロットの涙
日付: 2006-07-10 15:49

博士の愛した数式
引用文(概要):     芥川賞作家・小川洋子のベストセラー小説の映画化。   『雨あがる』『阿弥陀堂だより』と同じく、     寺尾聰主演で監督は小泉堯史監督。    第一回本屋大賞50万部を突破した、    ..
ブログ名: 花ごよみ
日付: 2006-07-10 15:56

「博士の愛した数式」を見ました。
引用文(概要): 今日、「博士の愛した数式」を見に行きました。 内容は、家政婦として派遣した子持ちのシングルマザーが記憶が80分しかもたない数学博士の所へ行き、そこの家でいろんな数式や数字の面白さを知り、その家政婦の..
ブログ名: かなやす日記
日付: 2006-07-10 17:52

数式のナカノ文学。
引用文(概要): 久々にめぐり逢ったしみじみと良い作品。ここ半年に観た映画の中でのマイベストになるかもしれない。「博士の愛した数式。」(ネタバレ含む)とにかく、映画の好みのツボを押さえられてしまった。映像、演技、そして..
ブログ名: ひょうたんからこま
日付: 2006-07-10 18:07

博士の愛した数式
引用文(概要): 博士の愛した数式 監督:小泉堯史 出演:寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子ほか 今日は休み。 出張と風邪気味でぐったり。 かなり寝ました。 おかげでだいぶ体が..
ブログ名: 東京ミュービー日記
日付: 2006-07-10 18:17

『博士の愛した数式』その1
引用文(概要): 見てきました。行ったのは水曜日のレディースデーなので混んでました。おばさんたちがいっぱいでした。昔、数学の方程式を、イコールをきちんとそろえて、ノートに少しづつ式を展開させて解いていくと、最後にきれい..
ブログ名: ふつうの生活 ふつうのパラダイス
日付: 2006-07-10 18:29

『博士の愛した数式』その2 深読み編
引用文(概要): 映画公開も終了に近づいたようなのでかなーり突っ込んで書きましょう。この映画、宣伝では、深津絵里が前面に出てきます。主人公ですから当然なのですが、映画を見るまで浅丘ルリ子が出ている事を知りませんでした。..
ブログ名: ふつうの生活 ふつうのパラダイス
日付: 2006-07-10 18:32

映画原作の小説『博士の愛した数式』
引用文(概要): 原作読み終わりました。だからこれはレビューではなくて、読書感想文です。ネタバレ100パーセントです。原作を読み通してもやはり恋物語でした。そして小説の方は映画よりもっとわかりにくい。しかもオイラーの公..
ブログ名: ふつうの生活 ふつうのパラダイス
日付: 2006-07-10 18:33

博士の愛した数式
引用文(概要): 本日は休みなので観に行ってきました。 水曜日レディースデイの為か、満員でした! 原作:小川洋子「博士の愛した数式」 記憶が80分しかもたない博士(寺尾聰)の家にやって来た家政婦(深津絵里)と 10歳..
ブログ名: ダラダラ生活 日記
日付: 2006-07-10 19:08

[ 博士の愛した数式 ]・・・
引用文(概要): [ 博士の愛した数式 ]@藤沢オデヲン1番館で鑑賞。 男3人で熱海への温泉旅行の帰り、映画を観ることになった。 この企画は、3人ともそこそこ映画好きということもあり、 元上司のMさんが提案し..
ブログ名: アロハ坊主の日がな一日
日付: 2006-07-10 19:49

映画のご紹介(89) 博士が愛した数式
引用文(概要): ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(89) 博士が愛した数式 虚数「i」は「愛」である。 レイトショーで「博士が愛した数..
ブログ名: ヒューマン=ブラック・ボックス
日付: 2006-07-10 20:10

博士の愛した数式(映画館)
引用文(概要): ぼくの記憶は80分しかもたない CAST:寺尾聡/深津絵里/斎藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子 他 ■日本産 117分 この間観た「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のアンソニー・ホプキンスも天才数学者で..
ブログ名: ひるめし。
日付: 2006-07-10 20:12

博士の愛した数式
引用文(概要): 先日小川洋子さんの原作を読んだ「博士の愛した数式」 公開初日を迎えた映画版を見てきました。 博士役に寺尾聡 家政婦は深津絵里 家政婦の息子・ルート(√)は 子役の斎藤隆成 成長した姿として吉岡秀隆..
ブログ名: sigh.
日付: 2006-07-10 20:43

博士の愛した数式
引用文(概要): 昨今、取り上げられることの多い『記憶』についての物語である。原作は去年話題になった本屋大賞受賞作、同名の本だ。事故によって記憶障害を持つようになってしまった数学者、博士。その記憶は80分しか持たない。..
ブログ名: 迷宮映画館
日付: 2006-07-10 20:56

『博士の愛した数式』
引用文(概要): 数学ってこんなに素敵なものだったんだ。 この映画にもっと早く出会いたかった。 例えば高校受験の時…。 大学受験の時ならなお一層良かったかもしれない…。 不謹慎だけど、上映中そんな思いに囚われること..
ブログ名: Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐
日付: 2006-07-10 21:08

博士の愛した数式(数字の中に隠されていた愛の数字)
引用文(概要): 「博士の愛した数式」は事故で80分しか記憶が持たない数学博士とその家に雇われたシングルマザーの家政婦とその10歳の息子との日々が綴られている。
ブログ名: オールマイティにコメンテート
日付: 2006-07-10 21:27

「博士の愛した数式」
引用文(概要): 完全数、素数、友愛数、そして「オイラーの法則」といった言葉だけ取るとチンプンカンプンな数学的要素と阪神ターガースのエピソードとが巧く心温まる物語に溶け込んでいて、読後なんともしみじみした思いに浸ってし..
ブログ名: 俺の明日はどっちだ
日付: 2006-07-10 22:25

博士の愛した数式
引用文(概要): 「友愛数。神の計らいを受けた絆で結ばれ合った数字なんだ」 監督・脚本:小泉堯史 出演:寺尾聰 、深津絵里 、齋藤隆成 、吉岡秀隆 、浅丘ルリ子 劇場: CINECITTA\' 公式サイト: h..
ブログ名: きょうのあしあと
日付: 2006-07-10 23:47

博士の愛した数式
引用文(概要): どうしてでしょう?何だか今になってとても泣けてきます。春の日差しに包まれたこの心優しい映画に、冬の寒さも忘れ、博士の暖かい胸に飛び込んで行きたくなります。 来年の一月中旬以降に公開が予定されているこ..
ブログ名: こっちゃんと映画をみまちょ♪
日付: 2006-07-11 00:20

映画「博士の愛した数式」を観て
引用文(概要):  泣いた。  そもそも、この映画の予告編を観た時から、既に泣いていた。  「永遠の真実は目に見えない。ここ(心臓のあたりを指差す)にしかないんだよ。」 と博士が言うシーンを予告で観る度に、泣いて..
ブログ名: とみのひとりごと
日付: 2006-07-11 06:30

小川洋子「博士の愛した数式」
引用文(概要): 小川洋子「博士の愛した数式」(新潮文庫) この小説全編にわたって、なんだかとても良い香りがただよっている。母親が準備する食事の匂い。暑い夏の日の風の匂い。窓から入ってくる雨の匂い。そのほか懐かし..
ブログ名: make myself just as hard
日付: 2006-07-11 11:02

数学で愛を語るひと~博士の愛した数式~
引用文(概要): 江夏のカードを集めまくるシーンが抜けたのは 資料を集めることが出来なかったのかも? プロ野球観戦もルートの出るリトルリーグの試合に変わってましたが これはこれでオッケーかな。 数学好きですか? 愛..
ブログ名: ペパーミントの魔術師
日付: 2006-07-11 13:57

博士の愛した数式
引用文(概要): 来年ロードショーが決まってて、主演が寺尾聡。 この前「大停電の夜に」を見た時だったか予告見まして、 ・・・原作読んじゃいました。 先に映像をちょっとでも見てしまったせいか 本読んでるとセリフの部分でも..
ブログ名: ペパーミントの魔術師
日付: 2006-07-11 14:01

2006/01/22
引用文(概要): 映画『博士の愛した数式』を観た。 原作を読んだときの感動は、今も忘れられない。 生涯で、一番好きな本だ。 それが、映画化されたというので、期待が大きかった。 一部、音楽がうるさく感じら..
ブログ名: m's box
日付: 2006-07-11 16:51

「博士の愛した数式」
引用文(概要):  博士の愛した数式 「博士の愛した数式」 ★★★ (2005年日本) 監督:小泉堯史 原作:小川洋子 博士の愛した数式 キャスト:寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 ..
ブログ名: NUMB
日付: 2006-07-11 16:58

博士の愛した数式
引用文(概要): 小川洋子さんの同名小説が小泉堯史の脚本・監督によって映画化された。 原作を読んで不覚にも泣いてしまったが、あの感動がふたたび甦ってきた。 ☆☆☆☆★★
ブログ名: ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!
日付: 2006-07-11 18:06

映画「博士の愛した数式」
引用文(概要):  前評判の高かった「博士の愛した数式」、観ました。 評判以上に素晴らしい映画でした!■男女の情念の深さと人間の純粋性の貫徹との限界を描く。 最後の方で、博士(寺尾聡)が記憶を失う直前、義姉(浅丘ルリ子..
ブログ名: 希望の明日へ
日付: 2006-07-11 18:21

博士の愛した数式
引用文(概要): 2006年2月15日(水)1時30分からの回 テアトル池袋 ゴウ先生ランキング: B 上映後、小泉堯史監督トークショー
ブログ名: 映画と本と音楽にあふれた英語塾
日付: 2006-07-11 20:10

博士の愛した数式
引用文(概要):  山水のような,はたまた精進料理のような作品だ。ぼんやりと眺めている,或いは味わっている最中にはさして大仰な感動も,衝撃もないんだが,後からじんわり身体と精神に効いてくるんだよねぇ。その佇まい,雄弁な..
ブログ名: 日々徒然ゆ~だけ
日付: 2006-07-11 22:07

博士の愛した数式
引用文(概要): 関東地方にも雪がふりました。 やっと全国の豪雪の仲間入り、ってこの程度でも東京は大雪注意報。 情けないやら。 ブログのおかげで、というか義務感(?)から初日に映画を観ることが多くなりました。 という..
ブログ名: ショウちゃんのエーガな日常
日付: 2006-07-11 23:57

博士の愛した数式
引用文(概要): 昨年の冬頃から本を読んでますが、久々に本のネタでも書いてみようかなと・・・ 今年
ブログ名: KOHの青赤な日々
日付: 2006-07-12 14:29

博士の愛した数式
引用文(概要): 主な出演者:寺尾聡 深津絵里吉岡秀隆 鑑賞前期待度: ★★★☆☆ レビュー:「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」に続いて、数学がテーマになった作品です。趣が若干異なりますが…。 この映画、数学好きには結..
ブログ名: ちょいシネ
日付: 2006-07-12 22:18

博士の愛した数式
引用文(概要): コチコチの文系だった私が、数学の方式を、とっても美しいと感じました。
ブログ名: エリ好み★
日付: 2006-07-12 23:41

博士の愛した数式
引用文(概要): 数学を媒介に綴られる美しくピュアな愛の物語が評判を呼び第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを、寺尾聰、深津絵里主演で映画化した感動ストーリー。監督は「雨あがる」「阿弥陀堂だより」の小泉堯史..
ブログ名: はむきちのいろいろ日記
日付: 2006-07-13 14:55

「博士の愛した数式」の情報
引用文(概要): 1月21日に公開される「博士の愛した数式」の情報を。 50万部のベストセラーに輝いた小川洋子原作の同名小説を、「雨あがる」「阿弥陀堂だより」の小泉堯史監督が映画化した、感動のヒューマンドラマ。 出..
ブログ名: Mugen Diary
日付: 2006-07-13 19:53

博士の愛した数式
引用文(概要): 前半は数学の授業を受けている感じで 映画を見ながら一緒に考えて 数字って奥が深い!って思ったり 関心したのですが、 80分しか記憶が残らない博士の 相手をする割には、その大変さが 伝わらないのと、ラ..
ブログ名: 気ままに〜ひとりごと日記
日付: 2006-07-14 21:37

博士の愛した数式
引用文(概要): とにかく数数数・・・たくさんの数字が登場する 小学校の高学年ですでに算数に躓いて、その後中学高校の6年間も数学は常に評定2(5段階評価)を通した私( ̄∇ ̄;) 計算を見るだけで頭痛が起きてしまうほ..
ブログ名: Cinemermaid
日付: 2006-07-14 23:26

博士の愛した数式
引用文(概要): いまだかつて寺尾聰さんの笑顔をみただけで、こんなにうれしい気持ちになったことなどあったろうか。 記憶が80分で消えてしまうため、家政婦の杏子(深津絵里)は毎日自己紹介をするですが、だんだん博士(..
ブログ名: まぁず、なにやってんだか
日付: 2006-07-15 06:52

映画 「博士の愛した数式」 寺尾さんとの約束(笑)
引用文(概要): 今日の梅田ブルクで、主演の寺尾聡さんと小泉監督の舞台挨拶があったんです! 何を隠そう、ワタクシ、”ルビーの指輪”当時の寺尾聡さんの大ファンでした! ザ・ベストテンやラジオにも 一生懸命ハガキ書いてま..
ブログ名: 目の中のリンゴ
日付: 2006-07-15 10:39

06.7/10のMOVIE TRAP:博士の愛した数式
引用文(概要): メインは吉岡秀隆のひとり芝居と 寺尾聰、深津絵里のふたり芝居のような 構成になっている。 吉岡の授業場面は、生徒が観客自身になっていて、 素数、虚数等の授業(狂言回し)を聴きながら、 物語に導..
ブログ名: ELM & ELMa
日付: 2006-07-17 06:32

「博士の愛した数式」 数字と心を通わそう
引用文(概要): 数字そのものに感動した事ってありますか?  私は、この映画で初めて経験しました。 「博士の愛した数式」 原作は第1回本屋大賞を受賞した、小川洋子さんの同名小説。 雨あがる∞阿弥陀堂..
ブログ名: 明日へのヒント by シキシマ博士
日付: 2006-07-17 23:45

「博士の愛した数式」 天才子役ついに喋る! 
引用文(概要): 博士の愛した数式 e^(πi)+1=0  を解いてみる。 似たもの同士の無理数e(寺尾聰)と、無理数π(浅丘ルリ子)は、惹かれ合いながらも結ばれることなく、事故があってからは一緒に住んでもよさそうな..
ブログ名: 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
日付: 2006-07-18 20:54

寛大な記号 『博士の愛した数式』
引用文(概要): 実に淡々とした映画だった。 なんとなく盛り上がりに欠けると思うし、 それが不満な人も多いだろうが、 ほんわかとした、美しい映画と思う。 80分しか記憶がもたないことによる、 大きなトラブルや、その苦悩..
ブログ名: パフィオ - People of About Forty Years Old -
日付: 2006-07-20 19:35

博士の愛した数式
引用文(概要): 監督:小泉堯史 出演:寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 ... 「ぼくの記憶は80分しかもたない」 ..
ブログ名: *ひめ*の映画おぼえがき
日付: 2006-07-21 00:57

博士の愛した数式/小川洋子
引用文(概要): この瞬間を懸命に生きることの大切さを博士は教えてくれました。たとえ記憶は80分しか続かなくても、人の心に幸せを残し、その瞬間に存在した証を残すことはできます。 数学者であった博士とその家政婦の母..
ブログ名: 文学な?ブログ
日付: 2006-07-22 14:43

博士の愛した数式
引用文(概要): <ストーリー> 不慮の事故で天才数学者の博士は記憶が80分しかもたない。何を喋って良いか混乱した時、言葉の代わりに数字を持ち出す。それが他人と話す為に博士が編み出した方法だった。相手を慈しみ、無..
ブログ名: わたくしぶろぐ おもしろぶろぐ
日付: 2006-07-22 16:39

『博士の愛した数式』
引用文(概要): 原作が好きで見に行ってきました。 あの小説が映像化されるっていうのがすごく不思議だったんだけど、大人になった√が学生に語ってるっていう設定が効果的で、√先生の授業を受けさせてもらったって感じ。
ブログ名: 雲のゆくえ
日付: 2006-07-22 22:36

博士の愛した数式−(映画:2006年99本目)−
引用文(概要): 監督:小泉堯史 出演:寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 評価:65点 公式サイト (ネタバレあります) 原作と映画は別物だ。 頭ではわかっ..
ブログ名: デコ親父はいつも減量中
日付: 2006-07-23 01:12

博士の愛した数式
引用文(概要): 博士の愛した数式 上映時間 1時間57分 監督 小泉堯史 出演 寺尾聰 深津絵里 齋藤隆成 吉岡秀隆 浅丘ルリ子 評価 8点(10点満点)  2006年初めの映画。会場は席がクソ狭い..
ブログ名: メルブロ
日付: 2006-07-23 13:51

【映画】博士の愛した数式
引用文(概要): こないだ映画「博士の愛した数式」を見てきました。 だいぶ前に文庫本を買って読んで
ブログ名: KOHの青赤な日々
日付: 2006-07-23 18:56

博士の愛した数式
引用文(概要):    元数学教授(寺尾聰)の記憶は80分しか持たない。  そんな博士とそこに働きにきた家政婦の杏子(深津絵里)とその息子ルート(斎藤隆成)の過ごした日々を大人になった数..
ブログ名: とにかく、映画好きなもので。
日付: 2006-07-23 19:48

江夏の背番号28は美しい数字
引用文(概要): 新春には映画が上映されるので、いまさらなのですが。 『博士の愛した数式』です。やっと文庫になったので早速買いました。実は赤星パーティのとき神戸紀伊国屋で買おうと思ったら、売り切れていたという代物。さ..
ブログ名: I v 関西、I v 虎。
日付: 2006-07-23 22:14

『博士の愛した数式』  数に込められた神秘、人に‘詰まった’優しさ。
引用文(概要): 角川エンタテインメント 博士の愛した数式 出演■寺尾聰、吉岡秀隆、浅丘ルリ子、深津絵里 監督■小泉堯史 <ストーリー> 家政婦をしている杏子はある日、80分しか..
ブログ名: enjoy! MOVIE☆LIFE
日付: 2006-07-24 18:28

「博士の愛した数式」と音楽「加古隆」
引用文(概要): 先週の水曜日に行くはずだったのに急に仕事が入り、見れなかった『博士の愛した数式』の事を少し調べてみました。 日本アカデミー賞受賞の小泉尭史監督、寺尾聡主演原作は芥川賞作家小川洋子の大ベストセラー「博..
ブログ名: ランチママの徒然日記
日付: 2006-07-25 09:20

博士の愛した数式
引用文(概要): 【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年1月21日 【製作年/製作国】2005/日本 【監督】小泉堯史 【出演】寺尾聰/深津絵里/斉藤隆成/吉岡秀隆/浅岡ルリ子 【原作】小川洋子「博士の愛した..
ブログ名: 映画日記
日付: 2006-07-25 21:58

博士の愛した数式
引用文(概要): 小川 洋子 博士の愛した数式 なんかオモシロイ本ネェかなぁ?? と本屋さんをうろつく度に目に留まったこの本。 でも、帯とかPOPにデ..
ブログ名: 独り言。。。
日付: 2006-07-26 12:12

博士の愛した数式
引用文(概要):  交通事故の後遺症で、天才数学者の博士(寺尾聰)は、記憶がたった80分しかもた...
ブログ名: 自宅でDVD三昧!??映画・ドラマどんと来い!
日付: 2006-07-28 10:22

博士の愛した数式
引用文(概要): みました。みました。 以前から、ずーと見たかった映画をやっとDVDで、見ることができました。 いつものように、原作はいっさい読まなくて、題名と予告編から勝手にストーリーをイメージしていたのですが、思っ..
ブログ名: かんりにんのひとりごと
日付: 2006-07-31 13:17

DVD「博士の愛した数式」見たよ。
引用文(概要): はい、こんにちは。 こんな、いい映画があったんですね。 知らなかった。24は4の階乗やで(ハア?)。 この映画の良さをどう、説明していいか、ボキャブラリー不足を痛感してしまいますw。 原作..
ブログ名: 雪華と、うふふ
日付: 2006-07-31 17:19

『博士の愛した数式』(2)  e(πi)=−1、わかるかな?
引用文(概要): 昨日の続きです。
ブログ名: キュブ零のシネマニア
日付: 2006-08-01 21:49

博士の愛した数式
引用文(概要): きのーもお友達の家でくつろぎ。 お友達は先に寝ちゃったので、 博士の愛した数式を見た。 すごくタイミングよくはいってきて、なんか、 よくわかんないケドすごくいっ..
ブログ名: ◆◆◆オヒトリサマ◆◆◆
日付: 2006-08-02 23:38

『博士の愛した数式』・劇場
引用文(概要): 今日は『博士の愛した数式』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 763席ある大きな劇場で1
ブログ名: しましまシネマライフ!
日付: 2006-08-17 00:24

博士の愛した数式 〜 日常生活の中で見過ごされがちなもの 〜
引用文(概要): 〜 日常生活の中で見過ごされがちなもの 〜 50万部のベストセラーに輝いた、小川洋子原作の同名小説を映画化したこの作品。 80分しか記憶の続かない障害を持つ数学博士と、博士の家で家政婦として働..
ブログ名: Prototypeシネマレビュー
日付: 2006-09-03 12:46

博士の愛した数式
引用文(概要): 新春なので穏やかな映画を。 飲みに行くと必ず映画の話になる役者の友人の最近のオススメです。 DVDで鑑賞。 数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで、自分の名前の由来を語り始める。 ..
ブログ名: 映画、言いたい放題!
日付: 2007-01-02 01:37

1等7口&愛した数式
引用文(概要): totoBIGは1等7口5億6300万円で購入してないが凄い金額になり 博士の愛した数式は事故で記憶が80分しかもたない義弟の寺尾聡と 介護士の深津絵里と息子の話で数学教師になった息子の吉岡秀隆が..
ブログ名: 別館ヒガシ日記
日付: 2007-05-21 20:40

博士の愛した数式
引用文(概要): 昨日、この映画が放送されていました ? タイトル:博士の愛した数式 ? 主演:寺尾聰 出演:深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 80分しか記憶が持たない先生に、家政婦の杏子..
ブログ名: 日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。
日付: 2007-05-27 12:59

『博士の愛した数式』'06・日
引用文(概要): あらすじ元大学教授の数学者(寺尾聰)の家に派遣された家政婦の杏子(深津絵里)は、彼が交通事故の後遺症で80分しか記憶がもたないことを告げられる。やがて、数学者と彼女の息子(齋藤隆成)が交流を持つように..
ブログ名: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
日付: 2007-06-17 22:30

映画DVD「博士の愛した数式」
引用文(概要): 2005年 日本 監督: 小泉堯史 主演: 寺尾聰 、深津絵理   ■ストーリー 80分..
ブログ名: 映画DVDがそこにある。
日付: 2007-09-03 21:30
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。