新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2006年07月04日

Thomas Blug(トーマス・ブルグ)

Thomas Blug(トーマス・ブルグ)
Guitar From The Heart - Live in Raalte, NL(2005)Thomas Blug(トーマス・ブルグ)

Fender(フェンダー)Stratocaster(ストラトキャスター)の使

い手です。

Thomas BlugはFenderが2004年にStratocaster50周

年を記念してドイツ(もしかしたらフランスかも知れません)で行

われたコンクール「Stratking of Europe」で優勝したという

輝かしい経歴の持ち主です。

文字通り、Fenderが認めたギタリストということになります。

上の写真は同ライブのライブCDです。

Thomas Blugの公式サイトではGuitar From The HeartというDVDの一部を見ることが

こりゃ優勝するわけだわと思わざるを得ないような演奏です。

他にどんなギタリストが参加していたのかが気になりますね。

おそらく私の想像をはるかに超えたレベルのコンテストだったと思われます。

Thomas Blugの公式サイト

以後、You Tubeの動画を2件、リンクしておきます。

 
Thomas Blug - I'll Be There(You Tube)




Thomas Blug - Strat King(You Tube)



ちなみにThomas Blugの使用ギターの1つは61年製のSTRATOCASTER

61年製STRATOCASTER

かっこいぃ...

画像のリンク先はThomas Blug公式サイトです。

画像もThomas Blug公式サイトのものです。

写真にカーソルと合わせるとパーツの説明(ちょこっと)がでてきます。

フロント、リアのピックアップ共に「Fender純正」です。

やっぱり純正っていい音しますよね...。

ただし、40年以上も前のピックアップですが...

センターについているKloppmannのピックアップ。

本人が使用しているものの値段は不明ですが、国内で購入する場合、3本で8万円以上もする

タイプがありました。(実際に使用しているものとは違うもの)結構します...。

Thomas Blugのプロフィールを分かる範囲で書いておきます。

ドイツ出身です。(今頃、サッカーワールド・カップで盛り上がっていることでしょう。)

有名アンプメーカーHughes&kettner(ヒュースアンドケトナー)の使い手です。

Hughes&kettner Triamp MK2を使用しています。

同アンプの開発にも携わっていたようです。

上記の公式サイトでは惜しみなく、アンプのセッティングを公開しています。

Hughes&kettnerを使用していない人でも一見の価値はあると思います。

過去にHughes&kettnerのゲストアーティストとしても来日しているようです。

Stratking of Europeというコンクールで優勝の経歴あり。

日本ではあまり知名度は無いようです。

CDを購入するには

国内でThomas BlugのCDを購入することは非常に困難なようです。

唯一、簡単に購入できる場所はiTunes Music Storeです。

検索で「Thomas Blug」と入力すれば、2枚のアルバムが出てくると思います。

Thomas Blug

Thomas Blug Band

リンクをクリックすると自動でiTunesが起動しますので注意してください。

iTunesをインストールしていない場合はどうなるか分かりません(笑)

両アルバムとも1,500円で購入することが出来ます。

Guitar From The Heart - Live in Raalte, NL(2005)というDVDからの1ショットできれば、CDでほしいな...と思いましたがね...

今のところ、国内の購入場所はこれだけしか見つ

けられていません。

他にも知っている方がいたらぜひ教えて下さい。

ドイツのAmazonではいっぱい置いてあるらしい

ですけど...。

Amazonって横つながりないのかな?

(追記)
色々調べてみた結果、購入できそうかなと思ったサイトを発見...

Instrumental Maniacs(Thomas Blug 委託販売)

です。まだ、あまりよく調べてはいませんがなんだか購入できそうな雰囲気ですよね!?

直接、連絡を取り購入可能かどうか調べて見ます。

追記;
入荷時期は不確定なものの、どうやら上記のサイトでCDを購入する事が可能なようです。

とりあえず、1枚注文してみようと思います。

僕の好きなギタリストの中でベスト3にいきなり入ってきそうな感じです。

楽曲、アプローチ、リズム、ニュアンスすべてが大好きです。

あくまで、個人的な印象ですが、ところどころJoe Satrianiのようなアプローチがあるように思い

ます。好きになってしまうわけですわぁ。

似たような雰囲気のギタリストとして...

ネット上ではEric JohnsonやJeff Beckなんかの名前も挙がっています。

確かにそうですね!!僕もそう思いました。

少し話しが反れますが、ドラマーの音も好きだったんですよね。

ドラマーに関しては今のところ、調査はしていません。

詳細、一切不明です。

Thomas Blugの演奏を見ていると、Hughes&kettnerが欲しくなってしまいます。

それほど高いわけでもないので、手が届く範囲なのもうれしいですね。

Thomas Blugの演奏を見て欲しくってしまった方はぜひ調べてみてください。

とはいうものの、定価45万円ほどしますけどね...(汗)

追記
*2008年6月某日、都内某所でThomas Blugの演奏を生で見ることができました。
Thomas Blugに会う(2008年6月18日)

参考サイト
Thomas Blug(トーマス・ブルグ)公式サイト


検索エンジン
■「Thomas Blug」でGoogle検索
■「Thomas Blug」でYahoo! BLOG検索
■「Thomas Blug」でgoo BLOG検索


トラックバック
ドクターMusic店長の Blog
mattの不定期日誌
Style of Guitarist&Office worker
5150 森の楽器屋さん

↑僕が書く記事より、「楽しい、優れている」記事だと判断し、トラックバックをしました。順番はトラックバックをした時間順です。ぜひ、記事を見てみてください。
トラックバック先の皆様へ...「このたびは色々とお世話になりました。もし、よろしければこの記事へのトラックバックをお願いいたします。」
今後も色々な情報の交換ができることを望んでおります。よろしくお願いします。

*上記のランキングはここ1ヶ月、当ブログでどの記事がより多く見られたのかが表示されます。上位の記事でまだご覧になったことがないものがありましたら、ぜひ見てみてください。

*ランキングの情報は1日数十回更新されます。同じウインドウに新しいページが開きます。タブブラウザをお使いの方はお手数ですが、ホイールクリックで開いてください。

*全ランキング表示はこちらになります。(新しいウインドウが開きます。)

FREQUENCE.(橋詰隆志)
posted by taka at 22:00 | Comment(12) | TrackBack(6) | アーティスト・CD | Edit

この記事へのコメント
トラバどうもありがとうございました。

takaさんのブログ見てThomas Blugのギターの仕様がいろいろ分かり興味深かったです。

僕の知人もジェフベックっぽいところがあると言っていました。上に貼ってらっしゃるBlogのリンク読むと6月末には初台のDoorsで演奏していたのですね。一般人が見ることができたかは不明ですが生演奏見たかったです。
Posted by マット at 2006年07月07日 20:44
トラックバック有り難うございました。
こちらからも貼らせて頂きました。よろしくお願いします。
トーマスさん、せっかく日本に来てもH&Kのデモ以外して無いみたいなので、是非ともライブを実現して欲しいですね。なんと会場では本人がCDとDVDを手売りしてたとの噂が。トーマスのCD手に入れるのはなかなか難しいのに、、、。パール(H&K輸入元)には関係ないかも知れないけれど、頼んますわ(笑)!って気持ちです。
では、又よろしくお願いいたします。
Posted by Jeff at 2006年07月08日 12:11
マットさま>
コメントandトラックバック本当にありがとうございました。
僕も生で見てみたかったです...。
もう少し早く知っていれば、もしかしたら足を運んでいたことでしょう。(涙)

今後とも色々な情報交換が出来ると良いなと思っております。
よろしくお願いします。
Posted by taka at 2006年07月08日 23:44
コメントandトラックバックありがとうございました。
ライブの実現...良いですね。本当に是非ですね。絶対に行きますよ!!!

手売りですか...そんなラッキーなことがあるなんて...。僕も是非彼の手から買いたいです。(涙)

CD...そうですね。もう少し簡単に手に入れば良いのですが...。
Guitar9というサイトにハマってからそんなことばっかりです...。
英語さえ分かれば買えそうなんですけどね。(涙)
僕は残念ながら全くと言って良いほど分かりません。

ともあれ、今後とも本当によろしくお願いします。
Posted by taka at 2006年07月08日 23:53
ギタリストだったんですね!
私の中でトーマスといえば「機関車トーマス」なのです・・・お恥ずかしい。笑
takaさんもトーマスに興味が!?なんて思った自分が更に恥ずかしい。。。でもひとつ勉強になりました♪
Posted by ゆかりん at 2006年07月09日 18:01
ゆかりんさん>
機関車トーマスかぁ!!(笑)トーマス世代の子が家族いれば、そうなってしまうのかもしれませんね。ってか僕も見てましたよ!だから結構長いんですよね?
たまに今やっているものも見かけますが、それほど変わったところは無さそうですよね?ずぅっとあんなような雰囲気でやってるんだよな...。
ミニチュア、ジオラマが少しだけ好きな僕にとってはなかなか刺激的な番組です。(笑)

大丈夫、僕もこの記事を書くまでThomasに関しては何も知りませんでしたから...。
Posted by taka at 2006年07月10日 15:29
Thomas Blug でyahoo検索かけたらココが一番に出てきた!(笑)

ちょっとしか聞いてないけど、かっこよいね〜。
Amazon japanでは出てこなかったけど日本で買えない人なんかね? 
欲しい物はそんなんばっかだけど・・・(苦笑)
Posted by outlaw69 at 2006年11月02日 20:40
>outlaw69さん
あざぁっす!!(笑)
調べたのは7月の話なので、今はどうなっているかわは分かりません。
委託販売をなさっている方と何度かメールをしましが、僕の欲しいCDが入荷できそうなら連絡する!ということになって4ヶ月が過ぎようとしています(涙)
唯一日本から購入するとすれば上記にもありますが、iTunes Music Storeでしょうね。あそこなら未だにいつでも日本から購入することができます。
確か、1アルバム1,500円だったかな?もちろんジャケットはつきません(涙)
Posted by taka at 2006年11月03日 08:19
6月14日にイケベ楽器にやってきます。
無料で見れます。
Posted by 通りすがり at 2008年05月18日 21:42
通りすがりさん>
貴重な情報、本当にありがとうございます。生を無料で見られるチャンス。
アンプステーションという場所で行われるものですね。定員20名ですかぁ。ちょっと本気で考えてみようかと思います。
また、何か情報をお持ちのようでしたらよろしくお願いいたします。
Posted by taka at 2008年05月20日 18:06
11月28日にイケベ楽器にやってきます。
無料で見れます。
Posted by 通りすがり at 2009年11月04日 16:03
通りすがりさん>
以前提供していただいた「通りすがり」さんと同じ方でしょうか?
だとしたら、今回もまた貴重な情報を本当にありがとうございました。
早速、申し込みの問い合わせをしてみました。
今の段階ではまだ予約は打ち切っていない様子。
行ける段取りを取っていこうかと思います。
今年、新しいアルバムも発売された様子。
きっと会場に行けば前回同様、アルバムを購入することができるのでしょうね。
今から楽しみです!!(y^^y)
Posted by taka at 2009年11月04日 20:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20363134

この記事へのトラックバック

かっこいいアーミングの行い方は?
引用文(概要): 以前コメント欄で書きましたが、僕が大昔にギターを弾き始めたきっかけはリッチーブラックモアを78年に日本武道館で見たことでした。 74年頃に聴いたクイーンがロック好きになるきっかけだったのですが、 7..
ブログ名: mattの不定期日誌
日付: 2006-07-07 20:27

私的TOP3
引用文(概要): 今回から、テーマが続く限り個人的なTOP3をちょくちょく発表したいと思います。 この企画、読者参加型でいきたいと思っています。私のTOP3はこれだとか この人だってのをコメントに書き込んじゃってく..
ブログ名: 5150 森の楽器屋さん
日付: 2006-07-07 23:58

ストラトキング・オブ・ヨーロッパ Thomas Blug
引用文(概要): Thomas Blug(トーマス・ブルグ)日本ではほとんど知られてませんが、凄いギタリストです。 フェンダーが2004年にストラトキャスター50周年を記念して行ったコンクールで優勝して「Stratki..
ブログ名: Style of Guitarist&Office worker
日付: 2006-07-08 11:54

Stratplayer of the Year 2004:Thomas Blug
引用文(概要): 先日コメントをいただいたmattさんのブログで紹介されていたThomas Blug(トーマス・ブルグ)氏、↓の映像を見て思わず聴き惚れてしまいました。 音源が日本では入手困難みたいですが・・・。 ..
ブログ名: Ritchie Blackmore Tribute
日付: 2006-07-08 17:48

フェンダーUSA ストラトキャスターを激安価格で!
引用文(概要): フェンダーUSAのストラトキャスターを紹介しています。
ブログ名: フェンダーUSA ストラトキャスター 激安通販Navi
日付: 2006-07-15 21:01

THOMAS BLUG 『Live in Raalte, NL』
引用文(概要): エレクトリックギターでこれ程までに美しい音色を奏でるギタリストを見たことがあるだろうか。 煌くような珠玉のトーン……このようにシャリーンという豊かな倍音成分を含む音色は鈴の鳴る音に似ていることか..
ブログ名: WAVE OF EMOTION
日付: 2010-03-05 21:37
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。