新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2006年06月08日

Atma Anur

下部に追記があります。必ず最後まで見るようにしてください。

Atma Anur(アトマ・アヌー)Atma Anur(アトマ・アヌー)

2日続けてドラマーネタです。

Jason BeckerのアルバムPerpetual Burnで

ドラムを担当しました。

先日、メンバーとこのドラマーについての話題が

出ました。

調べてみると、僕が知らなかったこがたくさん。

マジでビックリしたので、自分用の記事としてでも

いいのでまとめてみたいと思います。

とか言ってますが、まずはJason Beckerの

話題から...

先日、Jason Becker(ジェイソン・ベッカー)については記事にしました。

サイト内検索
Jason Beckerの番組

 
まずはAtma Anur(アトマ・アヌー)が参加した代表的なアルバムの

紹介。(完全に主観です。僕が代表的だと思っているだけです。)

僕が「お勧め」として、一番最初に記したアルバムです。

上記にもありますが、Jason BeckerのアルバムPerpetual

Burn
」です。

そして、メンバー同士で話題になった事は...

Atma Anurは他にはどんな音楽活動をしているのか?

調べるまで僕は知りませんでした。

まさかあのアルバムでドラムを叩いているとは...

どおりでかっこいいと思ったわけです。(若干事後...)

実は毎日聞いているアルバムでした。

Richie Kotzen & Greg Howe「Tilt」

このアルバムでは数曲ではありますが、Atma Anurが参加していま

す。(あぁなるほどぉと強烈に思いました。)

他にもたくさんありますよ!!

Greg Howe「Greg Howe」

Greg Howe(グレック・ハウ)とは?

SHRAPNEL系のギタリストです。

他のただの早弾きギタリスト(といっても桁違いに早いが...)たちとは

頭一つ出た存在でした。

Greg Howeはリズムが素晴らしいことで有名ですね。

まぁ知っていた人は「今頃かい...」というような感じに思っているのかも

知れません。

僕はドラマーじゃないし...と言い訳をしてみる。

再び「まさかこのアルバムで...」と思ってしまいました。

そして、再び、どおりでかっこいいと思ってしまいました。

他にもたくさんのアルバムに参加していることでしょう。

昨日紹介したDrummerworldには残念ながら登録されていませんでした。

ちなみにアルバム「Greg Howe」では全曲Atma Anurがドラムを担当しています。

このアルバムはその辺を良く理解した上でもう一度はじめから聴く必要がありますね。

絶対に、違う印象で聴けます。

あぁ久しぶりに一人で興奮してしまいました。

調べてみると...

CacophonyでもAtma Anur(アトマ・アヌー)が叩いているではない

ですか!!

CacophonyではJason Beckerもギターを弾いています。

今回はビックリすることが多かったです。

おいおい...と言った感じに近いかもしれません。

ちょっとあきれちゃったかな?

あぁそうだったの?というような...。

今後も陰ながらではありますが、Atma Anur(アトマ・アヌー)を応援

していきたいと思いました。

Tony MacAlpine(トニー・マカパイン)のアルバムにも参加しています。

なんだか新発見がありすぎます。

とても楽しい日(興奮した日)になってしまいました。

良かった良かった...。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

追記、(2007年8月11日)

ここからは、ネット上でお知り合いになった「お友達。」さまの協力の元、記事をまとめます。

今現在のAtma Anurの活動についてです。

Atma Anurは現在イギリスで活動しています。

現地でAtma Anurが中心となりHEAVY WOODというバンドを結成しました。

メンバーの集合写真を独占入手!!です。

おそらく、日本ではこのブログでしか見る事が出来ない貴重な写真です。

今回はなんとAtma Anur本人からの掲載許可がおりました。

記事に掲載しております写真、音源その他の著作権はHEAVY WOODにあります。
The copyright of the photograph and the sound source published in the article is in HEAVY WOOD.

Atma Anur and HEAVY WOOD
(C)HEAVY WOOD

メンバーは画面左から...

Vo&Gu:レックス・カーリン
Key:猫田 十字郎
Dr:Atma Anur(アトマ アヌー)
Ba:トムカ バガロバーニ


レコーディングスタジオで撮影した写真かと思われます。

結成パーティーとのこと。とあるバーで撮影されました。

現在、Baはメンバーチェンジしたようです。

写真の人物とは別ですが、Jon Bon Tempiというベーシストが新たに加入しました。

Jon Bon Tempi(ジョン・ボン・テンピ)

Jon Bon Tempi入りの写真は後日アップしたいと思います。

パーティの最中、Atma Anurは裸なんですね(笑)

イギリスの気候ってどんな感じなんでしょうか?
Atma Anurが裸の理由

結成パーティーで10曲ほど曲を披露し、ドラム叩きまくりだったため。ちなみに約3セットほどスティックをダメにしてしまったとのこと。招待客はヘッドバンキングで踊り、ビールジョッキはテーブルから落ちるわ、皿は割れるわ、食べ物は飛び散るわ...皿にあったはずのケーキがベッタリ壁にくっついてたり...。
最終的には騒音公害で警察が自宅訪問。
というように、パーティーでドラムを叩いていため、Atma Anurのみ裸なんですね。

メンバーは全員スタジオミュージシャンです。

レックス・カーリンは過去にルビナーズやサイケデリック・パイナップルなどで活動。

David Peel and The Lower East Sideでギタリストとして活動。

同バンドではジョン・レノン(John Winston Ono Lennon)が担当。

メンバーの中、あれ?と思うある名前が一つ...猫田 十字郎

かなりの親日家で本名をそれっぽく翻訳して猫田十字郎と名乗っているようです。

別名で活動してましたが、それを捨ててまでこの名前にしたようです。

完全にこの名前で活動しているようですので、逆に本名が分かりませんでした。

ヒント
本名での活動は、ヨーロッパの映画音楽界に詳しい方ならば知っているはず...。
そしてクラシック...


私、分かりませんでした(o;TωT)o"

分かった方いますか?

Atma Anur and HEAVY WOOD
(C)HEAVY WOOD

そして、この写真は思いっきりレコーディングの風景です。

果たして、何をチェックしているのでしょうね...

気になるところです。

とうことで...

今回、独占入手した情報は写真だけではありませんでした。

何と、まだ未発表であるHEAVY WOODの音源まで頂いたのです。

しかも、Atma Anur本人からFREQUENCE.(ブログ)への掲載許可を頂きました。


No sleep, only Rock and Roll by HEAVY WOOD

記事に掲載しております写真、音源その他の著作権はHEAVY WOODにあります。
The copyright of the photograph and the sound source published in the article is in HEAVY WOOD.

おそらく日本国内ではここでしか聴けない音源だと思われます。

頂いた音源よりもビットレートを下げてアップしています。

128kbps→96kbps

実は、Atma Anur本人から1曲丸ごとプレゼントをして頂いたんです。

もちろん128kbpsで...(汗)

ネット上で公開するに際し、許可は得たものの権利の関係から30秒抜粋させて頂きました。

同時に、ビットレートも下げさせて頂きました。ご理解ください。

何と、近々日本の会社がアトマ関連のウェブを立ち上げることが決定したようです。

内容はまだ不明ですが、非常にミュージシャン、リスナーにとって画期的な内容とのこと。

これにも期待したいところです。

今回、まさかこのような展開になろうとは思ってもみませんでした。

ブログを更新していたかいがあったというものです。

お友達。さまには大変にお世話になりました。

検索エンジン
■「Atma Anur」でGoogle検索
■「Atma Anur」でYahoo!検索
■「Atma Anur」でgoo BLOG検索

TrackBack(関連記事)
GREAT LOVE KINGDOM



*上記のランキングはここ1ヶ月、当ブログでどの記事がより多く見られたのかが表示されます。上位の記事でまだご覧になったことがないものがありましたら、ぜひ見てみてください。

*ランキングの情報は1日数十回更新されます。同じウインドウに新しいページが開きます。タブブラウザをお使いの方はお手数ですが、ホイールクリックで開いてください。

*全ランキング表示はこちらになります。(新しいウインドウが開きます。)

FREQUENCE.(橋詰隆志)


posted by taka at 22:00 | Comment(24) | TrackBack(0) | アーティスト・CD | Edit

この記事へのコメント
ベタですが、ドラマーなら私は「コージー・パウエル」が好きです。日本なら「そうる透」さんとか。「村上ポンタ秀一」師匠の後ろ体重ドラミングは格好的にどうかなぁ〜?と思いますが、上手いしパワフルだし。一見軽く叩いているように見えて実はバカデカイ音・・・みたいですね。スナップが利いてるんだろうなぁ〜。

ウチの相棒のギターさんのお兄さん(福山雅治似)は高校時代、学祭のライブ中にシンバルを割った事で有名でした(笑)そのお兄さん、BSヤングバトル(?)で沖縄県代表として九州大会へ!その時、審査員だった「そうる透」氏に「リズムが固い!スネアが鋭角的に入っている!」とダメ出しされてました。上手い!と認めるからこその指摘だったのでしょうが、お兄さんはしばらくヘコんでたそうです。

以上、ドラムに関するちょい話でした。
Posted by KJ at 2006年06月09日 22:34
こんにちは。
実は自分はリッチー・コッツェンが好きなのですが(アルバムを全部持っているわけではないです)、アトマ・アナーは初期のリッチー・コッツェンのアルバムのほとんどで叩いていますよ。

昔(10年位前)、伊藤正則が司会をしていたテレビ神奈川のハードロック番組で、収録が『横浜SOGO』の一角で毎週水曜日に行われていたので、よく観に行っていました。
ときどき海外からのアーティスト(ポール・ギルバートやザック・ワイルドなど)が来日して簡単なアンプラグド・ライブをします。
これが楽しみで行くのですが、その中の一組にリッチー・コッツェンとアトマ・アナーの二人がいました。
アンプラグドで2曲弾いていました。
アトマ・アナーはスネアだけをブラシで叩いてコーラスを入れていましたよ。
『Mother Head's Family Reunion』のアルバムのプロモだったと思います。
このアルバムのジャケットにもアトマ・アナーが表紙に写っていますよ。
しかし、リッチーもアトマももう一人写っているベーシストは会ったこともない人が突然来て写真だけ撮ったそうです。
実際はこのアルバムはリッチーとアトマの二人だけで作りあげたそうです。
Posted by せんちょう at 2006年06月09日 23:11
KJさま>
Cozy Powell(コージー・パウエル)さんを見てきました。比較的、古い動画しか見ることができなかったのですが...何だかツインドラムでのライブ映像でした。めちゃくちゃかっこよかったぞ!?
曲もかっこよかった気がするんですが、あれは何かのBANDなのかな?
http://www.drummerworld.com/Videos/Cozy_Powell_pete_york.html
↑これです。

相棒のお兄様>
ってかまずそれって女性にモテますよね?僕にも激似の後輩がいました。音楽系といっても吹奏楽、トランペット奏者だったのですが、そいつめちゃくちゃモテましたよ!!
まぁそいつはメンクイでしたね。彼女は素晴らしく可愛かった(高校生の頃)...。
「あぁそうぉ」ってな感じでしたな...。
需要と供給?
良く分かりませんが、その時「この世もうまくできているものだな...」と自分の位置みたいなものを強烈に実感しました(涙)

ちなみにそのお兄さんは今でも音楽活動を続けているのですか?かなり気になるところなのですが...。
Posted by taka at 2006年06月10日 12:40
せんちょうさま>
リッチー>
実はそのようなんですよね...僕は昔からリッチー好きですので、全て(歌もの意外)は持っていると思います。
ほとんどアトマが参加しているじゃないですか!?ビックリしました。普段聞いている音楽でしたからね。紹介しきれなくなってしまったので、記事にしませんでしたが...。

収録>
おえぇぇ!!行きテェェ!!
横浜すごいですね(涙)なんだか久々に県外がうらやましく思いました。

街に行けば、見れるのでしょう?私の街は...
とてもじゃないですが、書く事はできません...。
ということは生でアトマを見ておられるわけですか?そりゃすごなホントに...。

Mother Head's Family Reunion>
あぁ本当だ!!!今、自宅にあるものを確認しました。いるわ!!なんだかショックを受けましたよ。せんちょうさまは本当に色々と知識がおありです。
今後ともぜひよろしくお願いします(笑)

ってかその写真のエピソードすごいですね。それで良いんだ?
突然写ることになった彼はアルバムは不参加ですか?本当に写真に写っただけなのでしょうか?一応、ベーシストだし形にはなっていますよね?
Posted by taka at 2006年06月10日 12:53
実は自分が横浜から隣の川崎に引越ししてからは、伊藤正則のテレビ神奈川の番組をチェックしていないので現在もあるかどうかわかりません。(なぜか番組の映りが悪すぎて観れません)
昔は本当にSOGOの中の家具売り場の隣で収録していて誰でも観れました。(客席も時々映すので、家に帰ってから見直すと自分が映っていたこともありました)
アンプラグド・ライブをやると店内に音が響きわたります(笑)
伊藤正則がいないときは、あの”酒井康”がかわりにDJするのですが、変わった人なので、ディープ・パープルの19**年のライブの曲を30分流したり、TNTがゲスト来たときは、「こいつら仲良くしているけど来月解散するから・・・」など過激発言連発でした。
とても楽しい場所でしたね。

リッチーのアルバムの話では、デモの段階ではリッチーと友人がベースを弾いていましたが、アルバム収録のときは1曲目を除いて、途中参加のジョン・ムーアのベースに差し替えをしたという話を覚えています。
しかし写真撮影のときは、ジョンとは違うベーシストが現れたそうです。
そいう諸事情を除けば、いいアルバムですよね。

Posted by せんちょう at 2006年06月11日 07:22
せんちょうさま>
客席はいつもいっぱいだったのですか?
始まる時間にさえ行けば比較的前の方で見ることができたのかな?

解散...
そりゃかなり過激ですね(涙)
昔はそんなのばっかりだったのかな?今は過激な番組が少なくなってきましたよね?需要がないのか...。
くだらなくても過激だったらなんとなく、聴いちゃったり見ちゃったりしますけどね。
最近、ラジオを聴かなくなりました。
ラジオでは過激な番組が残っていたりするのでしょうか?
せんちょうさまはラジオを聴く事はありますか?

リッチー...
色々あるんですね...。
素人レベルでも人間関係では色々苦労した話をよく聞きます。プロの世界ではもっと大変なんだろうな...
別に今回のは「不仲」というわけではないのかな?
その後のライブは誰が演奏したのでしょうか?
ジョン・ムーアですかね?
Posted by taka at 2006年06月12日 19:22
番組はゲストが来るときは人が溢れていますが、普段は余裕で座れますよ。
スタジオという感じではなくて、普通にお店の一角でやっているという感じでしたよ(笑)
印象に残っているのは、ザックが来たときにアコースティックで演奏する曲を急遽変更して2〜3曲弾いたのですが、チューニングを変えて弾く曲では、喋りながら3秒くらいでチューニングを済ませていたのには驚きました。絶対音感の持ち主なのかなと思ってしまいました。

ラジオは最近はあまり聴かないですね。
車に長時間乗っているときには、聴きますね。
田舎にいたときは、よく聴いていましたよ。
自分の田舎は茨城なのですが、FM放送は「NHK FM」しか入りません(悲)
しかしこの「NHK FM」はしっかりした音楽番組もあってかなり聴き漁っていましたね。
よくアルバムになっていないライブとかを流してくれます。
中学生のときに”スティーヴィー・レイ・ヴォーン”や”エアロスミス”のライブ放送を初めて聴いて好きになりましたよ。

そんな学生のときに、都心には「FEN」<(Far East Network) 現在のAFN (American Forces Network) の前身で、その名の通り極東放送(周波数は関東で 810KHz AMなど今も同じ)などとも呼ばれていたラジオ局です。
FENの前身は、1945年7月に沖縄にできた AFRS で、これが1950年代の始め頃に Far East Network、つまり FENと改称されて駐留米軍により運用を続けられています>という洋楽専門の放送局があると聞いて「いいなぁ」と思っていましたが、横浜に引越してからは、ほとんどラジオを聴かなくなりましたね。
Posted by せんちょう at 2006年06月13日 11:06
せんちょうさま>
ザックのチューニング...
そういう何気ないしぐさはギタリストだったら絶対に気になりますよね!?僕もその場にいたら絶対に同じ事を思ったはずです。
お店の一角みたいなところでやるのですか...うらやましい限り。

ラジオ...
なんとなく中学校の頃にラジオが流行りました。まだ、僕は洋楽には目覚めておらず、邦楽のアーティストの番組を聴いていました。
番組内でも特に洋楽は流されず、出会うまでにかなり時間がかかってしまいました。

ただ、テレビよりぜんぜん楽しみにしていた記憶があります。

PURPLE EXPRESSはご存知ですか?
せんちょうさまだったら知ってそうですね。
Posted by taka at 2006年06月14日 14:28
始めまして♪リッチーの初来日公演にアトマは参加していますね。ベーシストはT.M.スティーブンスでした。ちょっとした記事を書いておりますので良かったら覗いてみて下さい♪
Posted by セクラクララ at 2006年06月15日 01:14
セクラクララさま>
コメント、ありがとうございます。もしよろしければ、関連記事ということでTrackBackもよろしくお願いいたします。

情報、ありがとうございました。記事の方も読ませていただきました。
ってかすごいメンバーですね...。
ギタリストがグレック・ハウだったら...と勝手に想像していました(笑)
僕もリッチーは大好きなギタリストのうちの一人です。もちろん、ヌーノも大好きです。
セクラクララさまはとても音楽の知識があるようですね。今後も色々とお世話になることがあるかもしれません。その時はよろしくお願いいたします!!!

ちなみに、ブログのプロフィールを読んでみたのですが、セクラクララさまはギターを演奏するような事はしないのですか?
というかパートは何ですか?と聞いた方がいいのかもしれません。

また、セクラクララさんの楽曲などをネット上で聴けるような場所はありますか?
Posted by taka at 2006年06月15日 06:47
"PURPLE EXPRESS"は聴いたことないですね。
ラジオの音楽番組ですか?
インターネットで調べてみたら喋りながらギターを弾いて進行いく番組と載っていました。
凄い興味があります。もっと前から知っていればなぁ〜。
しかし放送局が文化放送となっていまし。、自分の田舎ではAM放送は”茨城放送”と”TBS”しか入らないんですよ〜(悲)
"PURPLE EXPRESS"でギターを弾いていた人は有名な方ですか?
その方が使用していたギターがグレコのSGと載っていたので、思わず「俺と一緒!」と思ってしまいました。
自分が最初に購入したギターがグレコのSGなので、よけいに番組を聴きたくなりました。
Posted by せんちょう at 2006年06月15日 10:47
コメント有難う御座います♪ボクは1972年生なので、HR/HMの最盛期を体現して来ました。なのでジェイソン・ベッカーの名前を目にした時は凄く懐かしかったです♪ボクはヴォーカル&ベースなのでギターは殆ど弾けません・涙。今年から音楽活動を開始したので機会がありましたら公開したいと思っております。リッチーはもう、アトマとは組まないんですかね?極めて相性が良いだけに残念ですが・・・。
ボクの友人・知人にはプロとして音楽をやっている輩が多くおりますが、やはり本業として音楽をやるって本当に大変ですよね。TAKAさんの御活躍を埼玉県より応援しております♪(トラックバックの貼り方が分からないので勉強しときます・涙)
またおじゃまします♪
Posted by セクラクララ at 2006年06月15日 13:09
せんちょうさま>

もう、すでに調べられているかも知れませんが、今回のラジオねた。記事にさせていただきます。
それほど詳しくは書けませんが(リアルタイムではないので...)僕の師の年代30代から40代の方の中には結構、聴いていた人も多いようです。
また、お時間がありましたらチェックしてみてくださいね。

グレコのSG...

一番最初がSGだったのですか...そりゃ番組にも興味を持ってしまいますよね(笑)
僕も「ネックの薄い時期のSG」にはめちゃくちゃ興味があります!!!

ちなみに、僕が最初に買ったギターは...
メーカーも無いような黒のストラトです。
しかも、セガサターンと交換しちゃったんですよ!!
いい加減過ぎます...。中学1年生の頃だったので、あまり音楽に集中してなかったのかな?(涙)
その直後にギブソンのレスポールを買いました。15万くらいだったかな?中学2年生の頃ですね。新聞配達のお金の100%が楽器につぎ込まれました。

今もかろうじて自宅にあります。たまに出動しますね。
Posted by taka at 2006年06月16日 22:53
セクラクララさま>

1972年生...

実は、僕の先輩の方々がほとんどその世代の人間です。年がら年中その先輩と過ごしていますので、感覚的には最盛期を体験している気でいます。
そんな影響もあり、SKID ROWのコピーなんかもしたんですよね...。
http://takaccc.seesaa.net/article/15131973.html

ジェイソン・ベッカーも先輩(特に師)の影響で出会いました。僕の中ではかなり新しい存在なんです(笑)

音楽活動公開...

期待していますので、その際にはぜひご連絡下さい。

リッチーはもう、アトマとは組まないんですかね?...

僕もそう思います。といっても組んでいることを知ったのがついこの間ですから...なんだか言える権利もないような気がしますが...。(涙)

ボクの友人・知人にはプロとして音楽をやっている輩が...

そうですね。大変だと思います。ただ、普通の仕事(線引きできませんが、サラリーマンなど)も大変だとも思います。
少し好きな仕事と、大好きな仕事。
どちらも大変なら絶対大好きな仕事を取ります。
そんな方々の近くいらっしゃるセクラクララさまがうらやましいです!!

僕ももちろんセクラクララさまのご活躍を応援します。がんばってください。

トラックバック...

ぜひ、お願いします。
Posted by taka at 2006年06月16日 23:09
アトマは先週まで、ポーランドでツアーしてましたよ。

ツアー終了後、ポーランドの南部に位置するクラクフ市でルビナーズのオリジナルメンバー、レックス・カーリンとレコーディングしていました。

一応1曲しかレコーディングしていなくて、レコーディングを終わらせてくれるレコード会社を募集中との事です。

曲はボーダーズロックっぽいヤツで、私個人は好きですが、リッチーとかグレッグ・ハウとかあの辺のちょっとブルージーなのをを期待していると面食らいます(爆)。

ちなみにアトマは現在ロンドンに戻り、月曜日にはスコーピオンズのステージに飛び入りで参加しておりました。
Posted by お友達。 at 2007年08月04日 17:02
お友達。さま>
コメント、ありがとうございました。
しかし、Atma Anurについてたくさんの情報をお持ちのようです。頭が下がります(汗)
ルビナーズですか?へぇ...どんな音楽をやっているのでしょうか?
以前のルビナーズとあまり変わりはないのですか?
というか...逆に色々とお友達。さまに質問したくなってしまいます(笑)
Atma Anurやはり好きなドラマーなんですよね!?月曜日って曜日までご存知なところを見ると、もしかしたら日本にお住まいではないのですか?
お友達というのは私の友達という意味ではないですよね!?
今後も色々と有意義な情報交換をお願いします。おそらくお友達。さまからの一方通行になってしまいそうですが...(涙)私がお友達。さまに提供できる情報があるかどうか...。
よろしくお願いします。
Posted by taka at 2007年08月05日 15:45
管理人様、色々でしゃばってしまいすいません。アトマは私の先輩なのです。

私はヨーロピアンツアーの舞台裏での面子が全然足りなかったので、手伝いをしております。突然のアトマの思いつきでやることになったバンドですので、当然人手不足。。。そんなこんなでいつの間にか付き合わされて、個人的には仕事をズル休みしなければならない事態まで発生するというパターンに陥っております(爆)

アトマが今回企画した音楽はどちらかというとパンクよりですね。リッチーとかあの辺ではみれないアトマのプレーを見ることが出来ます。

音楽はまだ公開するわけにはいきませんが、レコーディング風景の写真を管理人さんにお送りしますね。これからもアトマに清き一票をお願いしますぅ〜♪
Posted by お友達。 at 2007年08月06日 22:15
今思ったのですが。。。写真を送るといっても、よく考えたらメールアドレスが無いとおくれないですね。どこに送れば良いでしょうか?

このバンド(仮称:ブヅィー・ブラザーズ)のメンバーの写真もお送りしますので、この場で公開していただいても大丈夫ですよ♪でも、他のページへの転載は私が怒られる可能性が高いので勘弁してください。

ちなみに私は現在海外住まいですが、職業は音楽関連ではないです。私の担当楽器とかを書いてしまうと。。。「あ!あいつ仕事サボってこんなことやってやがる!」と取引先にバレそうなのでこれ以上はこの場では勘弁してください。立てなくなるぐらいの病気だということになっておりますので(爆)

箱レコですが、私もアンプは30Wを使いました。箱が好きで色々な箱を使ってみましたが、調子に乗って集めすぎると、結構かさむんですよね。最後は川原でジミヘンごっこと称して燃やしてバーベキューの燃料にいたしました。
Posted by お友達。 at 2007年08月07日 01:22
お友達。さま>
その節はどうもありがとうございました。
今後とも本当によろしくお願いいたします。
でしゃばるだなんてとんでもない(汗)どんどんお友達。さまと接点を持ちたい気持ちでいっぱいです。
無事に写真のやり取りもでき、ホッとしています。オンライン、オフラインどちらでも良いので連絡を取り合って参りましょう。

記事の更新ですが、せっかく頂いた大事な写真ですので、しっかりと更新していきたいと思います。週末当たりにはしっかりと更新したいと思いますので、チェックをよろしくお願いいたします。
また、その時はこちら側からご連絡差し上げます。ジミヘンごっこ...さぞかし、Rockなバーベキューだったことと思います(笑)できることなら私も参加したかった...(涙)
また、やるようなことがあればぜひともさそっっていただきたいですね!!

いやぁまさかブログを運営していて、このような展開になろうとは思いませんでした。とても貴重なことだと思います。
巷はお盆休みモードに突入です。私はそういった休みはありませんでしたので、テンションが付いていけないことが多かったのですが...今回の出会いを受け、かなりテンションがあがっています。毎日、音楽的な刺激を求め続けている私にとって、高刺激だったことは言うまでもありません。
Posted by taka at 2007年08月07日 20:50
どうもtakaさん、一応メンバーからOKが出ましたので、例のブツもそちらへ送りました。

スパムメールではありませんので一応こちらからも連絡をさせていただきますね♪

バーベキューはよかったらいつでも招待状をお送りしますよ。でわでわ〜〜。
Posted by お友達。 at 2007年08月09日 01:44
お友達。さま>
ありがとうございます。
貴重なたくさんの贈り物、大切に扱わせていただきたいと思います。
もしあのメールに別のスパムが入っていても、納得しますねぇ(笑)スパムを上回る価値があると思っています。(汗)

バーベキュー、ぜひ招待状を送ってください。極論、海外でも行ってしまうかもしれません(汗)
Posted by taka at 2007年08月10日 07:29
たかさんどうも、読んでおりますよん♪

最初の写真はあるバーを借りまして、身内を集めてやったいわゆる結成パーティーです。と。。。言いましてもコレに関してはホントにごくごく身内だけを招待してやったものですので、私がパッと見た感じでは250人ぐらいだったかな?それでもオーディエンスがノリ過ぎちゃって、途中で騒音公害との事で警察が来て大変でした、メンバーのマネージャーさん各位が。。。ですけど!

ツアー中はもっとひどくって途中で失神するオーディエンスが出たりもしたので(人手が足りなく私がそのかたのお供をさせていただきました。生まれて初めて救急車に乗りましたよ。。。)、恐らくヨーロッパのかなりの税金がこのバンドのために浪費されているのではないかと^^;

さてメンバーの紹介ですが、アトマに関しては皆さんご存知の通り!説明不要ですね♪ 世界中のギタリストが信頼するスーパードラマーです。

レックス・カーリンはDavid Peel and The Lower East Sideと言うジョン・レノンがプロデュースしたバンドのギタリストでもありました。レノンが自宅前で暗殺されて以降、活動場所をヨーロッパに移したため、日本では殆ど紹介されることがありませんでしたよね。

あと猫田さんは、「これが本名だぜ、グレイトだろ?」とか言ってました(爆)

でもせめて詳しい方にだけヒントを。。。本名での活動は、ヨーロッパの映画音楽界に詳しい方ならば知っているはずです。そしてクラシック。。。フレクエンスはかなりマニアックなかたが集まっておられるようですので、これだけでわかってしまうかもしれませんね!

heavy wood の曲であるアジアティック・ウーマンという曲(ブルース調の曲で、私がこのバンドで一番好きな曲です。)があるのですが、これは彼の失恋してしまった日本人の恋人に関する曲です。

個人的に驚いたのは猫田氏は楽器もほとんど日本製の物を使っておりまして、ツアーではスズキ製のハモンドXK-2を主に使っておりましたね。本人は日本製だよとうそぶいてましたけど、レスリーだけは明らかにアメリカ製でしたが(爆)

トムカは、一匹狼のスタジオ一筋のベーシスト。主にポーランドのアーティストのレコーディングに参加しています。

実はジョン・ボン・テンピに関しては私はチョットまだ把握しておりません。レックスがつれてきたスコーピオンズのバックで入っているイギリス人ベーシストというところまでは知っているのですが。何かわかりましたらレポートいたしますね。



Posted by お友達。 at 2007年08月11日 17:15
アトマが裸の理由ですが。。。

露出狂なわけじゃないですよ^^;

ちゃんとコレには理由がありまして、実は結成パーティーで10曲ほど曲を披露したのですが、それでドラム叩きまくりだったためです。ちなみに私が見てた範囲では3セットもスティックをダメにしてましたね。

招待客はヘッドバンキングで踊りまくりで。。。ビールジョッキはテーブルから落ちるわ、皿は割れるわ、食べ物は飛び散るわ。。。私甘いものが好きでケーキ食べようと思って皿にキープしてあったのですが、いつのまにか私の皿にあったケーキがベッタリ壁にくっついてたり。。。しまいにゃ騒音公害で警察来ちゃうし(爆)

私はもう年寄りですので。。。あっけに取られて見ていただけですが非常に盛り上がった結成パーティーでした♪
Posted by お友達。 at 2007年08月11日 19:38
お友達。さま>
解説、(追記)ありがとうございました。
ということで、より分かりやすくするためにお友達。さまの解説の一部を記事の中に混ぜたいと思います。
それにしても、ケーキが壁の方へ向かっていくのにはビックリしましたねぇ(汗)
まぁそれだけ盛り上がっていたとすれば、ケーキが自ら壁へ突っ込んでいった可能性も捨て切れません(笑)
結成パーティーなんだから、盛り上がらないわけありませんよね!?
10曲も演奏したのは驚きでした。
演奏を見れただけでも十分にパーティーを満喫した気になれます!!
Posted by taka at 2007年08月12日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。