新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2010年07月01日

Jennifer Batten and Michael Jackson



先日のOrianthiとSteve Vaiの記事の続きとして...

その中で名前を挙げたJennifer Batten(ジェニファー・バトゥン)についてです。

Jennifer Batten(ジェニファー・バトゥン)とは?(Wikipedia)

まずはJennifer BattenとMichael Jacksonの共演シーンから。

この他にも検索すればいくつか出てきますね。

懐かしいなぁと感じている方もおられるかと思います。(笑)

 
 

かっこいいし、上手なんですが...

暗くてあまりよく分かりませんけどね(汗)

Beat itのソロをこれほどまでにコピーしたことは、当時も話題になったんだと思います。

マイブームだったころはただ単に音楽を聴いていただけでしたが...

調べてみると色々分かるんですね。

例えば、Eddie Van Halenのようにタッピングが得意なギタリストだったり...。



あぁ脱線しそう...(涙)

Flight of the Bumble Beeってかっこいいですよね。

ということで、ウロウロ動画を見てたら、上手な方いましたね。

こんなに上手に弾いているFlight of the Bumble Beeは久しぶりでした。



アマチュアにしてこの技術なのか...と落胆していたのですが(涙)

幸い、彼はGuitar 9 Recordからアルバムを発売している、プロの方だということが判明。

若干、安心したところです。


さて...

記事を書くきっかけとなったJennifer Battenのアルバムの話。

Jennifer Batten's Tribal Rage名義で発売された

「Momentum」というアルバムでした。

モーメンタム(携帯専用リンク)

どういうアルバムだったかというのも中々難しい話ですが...。

個人的にはやはりジェフ・ベックの影響を感じてしまいました。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、このアルバムについて、ものすごく詳しく書かれているブログを

発見したので、リンクを貼っておきます。

I Can Hear Music : Jennifer Batten's Tribal Rage / Momentum

ぜひ、見てみてくださいね。
FREQUENCE.(橋詰隆志)
posted by taka at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。