新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2006年03月10日

ギターの修理

修理中の写真ご覧のように解体しました。

まぁよくやることですね。

このごろ、ノイズがひどくもっともひどいときで「音が変化する」というよう

な事態になってしまいましたので、急遽修理(解体)しました。

原因は多分「ボリュームポッド」か「ピックアップセレクトスイッチ」だと睨

んでおりましたので、最初からそこをメインに探ってみます。

わりとすぐに発見できしました。

写真はクリックで拡大します

 
修理中の写真見難いかもしれませんね。親指で取れてしまった線を持ってい

ます。黒い線です。

普段はくっついているものです。

ハンダこてを使用して、完全に接着させています。

が、触ったとたん「ポロっ」と取れちゃったんですよ!

写真はクリックで拡大します

あがぁ!!!

って感じで...。

即溶接してあげました。

なんで取れるんだい?

やり方がまずかったのか...

完全にくっついていたはずだし、ギターはめったに動かさなかったのにね...。

全ての不都合がこれで解決しました。

ギターもやっぱりデリケートなんですね。

しっかりメンテナンスしてあげないといけないです...。

その他、ギターの詳しい部品については記事の下「コメント」で述べています。

参照お願いします。

音源のページへ

FREQUENCE.

ブログランキング

↑今回の記事又はこのブログに興味をもっていただいた方は「blog ranking」画像のクリックをお願いします。励みになります。


posted by taka at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | Edit

この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

ギターの不具合・・・よくあります。
私のギター(と言っても現在は相棒のギターさんが無期限レンタル中)のテレキャスのリアを Dimarzio の Fast Track T に乗せ換えました。取り付けはピックアップを買った楽器店で・・・ところが、1ヶ月もしないうちに音が出ない!というトラブル発生。原因を探っていくと、交換したピックアップから出ているリード線が切れていたんです(極細なんです、リード線が・・・)結局、配線を全て最初からやり直して、その時は無事修復。ところがところが、何度も同じトラブルが頻発。結局その都度、ハンダ付けしてます(泣)私のハンダ付け技術の未熟さですかね。

でも、懲りずに・・・
ジャンク扱いで捨て値で売っていたフェルナンデスのギターを大改造する予定です。

小さい画像なので詳しく判断できませんが、なかなか個性的なギターをお使いなんですね。オイル・フィニッシュにブラックのピックガードですか?パーツはゴールド・・・渋いですね。個人的に好きな感じです。ピックアップはSHですか?ギターはどこのメーカーなんでしょうか?
Posted by KJ at 2006年03月16日 02:55
コメントありがとうございます。もし、よろしければ、関連記事へのTBもよろしくお願いいたします。みっちのブログでお名前はよく拝見させていただいておりました。今後とも有意義な音楽情報の交換をしていきたいと思っております。よろしくお願いします。

ディマジオ・ファースト・トラックですか...実は以前、このギターにもこれとまったく一緒のピックアップが装着されておりました。リアとのバランスから、今は同じくディマジオ「へヴィブルース」を搭載しております。使用機材の詳細は
http://www.frequence.jp/equipment.htm
でも表記してあるので、お時間がありましたら、ぜひ参照ください。
ちなみに、リアは同じくディマジオのPAFを搭載しております。
ピックアップ配列はご推測の通り、SHでございます。
やはりフロントはSの方が良い。そう思っているうちの一人です。スケールはショート。ウォルナットでできているギターです。スルーネック。(とにかく構造で低音を稼いでいます。)
ペグはゴトーのロック式のものを装着ペグの高さが変更可能なものです。なので、ストリングガイドは付いておりますが、使用はしていません。ナットはブラス。元は2ボリューム1トーンのツマミを2ボリュームに改造してあります。その際、一個2000円くらいしたボリュームポッドに変更してあります。(フルにすると、回路がスルーされるタイプのものです。)ジャックも変更しましたね。5点スイッチから3点スイッチに変更。ブリッジは今は無きディマジオの6点ブリッジを使用しています。意外に使い勝手がいいです。弦は042から0085という一見特殊なものを使用しています。「エイトハーフ」以外はちょっと使えなかったりします。ピックは2.0mmを使用。純粋なプラスチックではなく、少しザラついた感じのものを使っています。ダンロップ製です。色は黒。

と、色々改造してきましたが、メーカーは「seen」(シーン)です。知っている事だとは思いますが、松下工房製ですね。

当時、23万ほどしたらしいのですが、それを格安で譲っていただきました。
譲っていただいた後は改造の嵐です。
買って数年が経過しておりますので、若干フレットの磨り減りが気になります。近々、修理に出す予定です。今度は少しだけ低いフレットにしようかな?と思っております。が、思っているだけなので、現状維持も考えられます。ちなみに現状は比較的高いフレットですね。もしかしたら、レスポールに近いくらいじゃないでしょうか?
たまに、低いフレット(Fender純正)のものを弾くと、「おぉ」と思ってしまったりします。
と、めちゃくちゃ自分の事について書きまくってしまいました。長々とすみませんでした。
Posted by taka at 2006年03月16日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。