新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2010年02月07日

The Cure(ザ・キュアー)-Hot Hot Hot



楽曲情報
■The Cure(ザ・キュアー)-アーティスト
■Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me(キス・ミー、キス・ミー、キス・ミー)-アルバム
■Hot Hot Hot-(ホット・ホット・ホット)-ソング

ラジオを何か他の事をしながら聴いていたのですが...

あまりにも強烈だったので、作業を中断せざるを得なくなってしまいました。

このアルバムは1987年、今から約23年前に発売されたもの。

私は当時5歳くらいですね。

 

基本的にはニュー・ウェイヴ(New Wave)やテクノ(Techno Pop)はあまり聴かない方だっ

たのですが...

これだけギターが入っていれば十分に聴けてしまいます。

最近はなるべくギターが入っていることは望ましいですが、極論ギターがなくとも聴くようになっ

てきました。

ということで、まずは色々とリンクを貼っておきますね。

ザ・キュアー (The Cure) とは?
ニュー・ウェイヴ(New Wave) とは?
テクノポップ(Technopop/Techno Pop)とは?

元々、変な先入観でNew WaveやTechnopopには私の好きなギターが入っていない印象

がありました。

ですが、今回のThe Cureのこの楽曲では私が好きそうなギターが存分に入っていたんです。

それが作業を止めてしまった一番の要因でした。

楽曲も好きな感じでしたし...

ボーカルがどうとかは正直よく分からないのですが...(汗)

80年代...

先輩が80年代の楽曲に関して、サウンドやアレンジを変えると現代でも全然通用するようなもの

になるとおっしゃっていたのを思い出しました。

楽曲的には手法やアイディアが豊富な年代だったのかもしれません。

ほぼ半世紀前の楽曲なのですが、私にとっては今のままでも古くも感じませんでしたけどね。

というのも、まともに80年代の楽曲を聴いてきたわけじゃないですから...

もっと言えば、60年代、70年代の楽曲を聴いても「新しい」と感じてしまう場面も多々あります。

その楽曲を嫌というほど聴いてきた年代の人たちからすると「今更」という風に感じるでしょう。

ファッションも20年前のものが再ブームになったりしますね。

音楽界も例外ではなく、そんな風に再ブームが来るのか、もう来ているのか。

良い音楽というのはたくさんありますが、好きな音楽はそうそう出会えませんね。

ここのところ、好きな音楽というのはもしかしたら20年以上前に多いのかも!?知れません。

自分の中でもツボははっきりしないので、よく分からないのですが...。

FREQUENCE.(橋詰隆志)
posted by taka at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト・CD | Edit

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140838979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。