新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2009年12月30日

Lenny Kravitzコピー(音源あり)



*急に流れ始め、急に終わりますヘッドフォンをしている方は音量に注意してください。

コピーなんて言っていますが、それほど大したものではありません。

ものの30分で出来る程度のものです。

以前から好きだったLenny KravitzのAlways On The Run。

私が知るまでにはかなり時間がかかってしまいましたが、有名なリフかと思います。

Lenny Kravitzを好きになったきっかけの曲でもありました。

初めて聴いたときの衝撃はすごかったなぁと。

どこにどう衝撃を受けた?

など、細かいことは抜きに衝撃を受けました(汗)

レニー・クラヴィッツとは?(Wikipedia)

実はこの音源、流行のDTMのテスト(訓練)として、軽く録ってみたものでした。

一応、この上にソロギターも録ってみたのですが...

 
こちらがソロを入れた音源。

 

完全にリズムギターで意気消沈しちゃってました...(涙)

ほぼやっつけですが、せっかくなので載せておきます。

後日、割りとしっかりしたソロが弾けたら追記で載せたいと思います。

さて、この楽曲はテンポ84から85くらいの楽曲なのですが...。

この楽曲を聴いたことをきっかけとし、テンポ85の16分音符が大好きになってしまいました。

逆にそれがあだとなり、今はテンポで内輪もめすることもしばしば。

私はこのへんが大好きなのに、一緒に音楽をやっているメンバーはもう少し早い方が良い。

そんなようなことです。

まぁ内輪もめといっても、その後ギクシャクするようなことは無い、小さなことなんですけどね。

私自身、なんでオリジナル楽曲は85あたりが多いのか気になっていたんです。

というか、すっかりこの楽曲に出合ったことを忘れていました。

あぁそういうことだったのか...と自分で納得しちゃっている感じです。(笑)

ただ、リズムギターは85あたりが好きなのですが、ソロギターはもう少し早い方が得意だったり

します。

改めて、85あたりのソロをかっこよく取れる訓練をしないとなと感じました。

好きなテンポのはずなのに、苦手ってねぇ...。

良い機会だと思いますので、訓練という意味でもソロギターをしっかり弾きたいと思います。

訓練した結果、かっこいいソロが出来る!!というわけでもないんですけどね。

まぁ力にはなると思い(信じてい)ます。

最後にLenny Kravitzの今回の楽曲が収録されているアルバムを紹介しておきます。



携帯から閲覧されている方は、以下のリンクを辿ってみてください。

Lenny Kravitz Greatest Hits(携帯専用リンク)

オリジナルアルバムではなく、ベストアルバムの紹介になってしまいましたが...

素晴らしいベストアルバムだと私は思っています。

興味のある方はぜひ。

検索用
■Lenny Kravitz(レニー・クラビッツ-クラヴィッツ-)

FREQUENCE.(橋詰隆志)
posted by taka at 06:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | 音源 | Edit

この記事へのコメント
こんにちは。

原曲知らないんですが
かっこいいですね(^^)

DTMソフトのドラムの突っ込んだり
溜めたりって簡単に弄れるんですか?

他のプラグインソフトとか
サンプリング?見たいので
何とかなるんですかね?

凄く興味があったので
質問ばかりですみません。m(__)m



Posted by Heartstone at 2009年12月30日 13:43
ご無沙汰してます。

この曲は私も大好きです。
ガンズのスラッシュが参加してるんですよね。たぶんカッティングのほうはレニーだと思うんですけど。
2人は幼なじみだそうです。Youtube見ると彼らの姿が見れますよ。
Posted by mellencamp at 2009年12月30日 23:21
ん?? なんかYippee!を彷彿させる感じですね♪
つまりこの曲を聴いたのはIDEASYNCRASYに参加する前ですか? なんて勝手な予測をしてみますw
Posted by hIdE at 2009年12月31日 10:33
Heartstoneさん>
私も初めて聴いたとき、かっこいいなぁと感じました(笑)
ぜひ、本物を聴いてみてくださいね。

DTMソフトに付随しているシーケンサーに関して、音符分解能は恐らく一拍480近辺だったと思います。
最近のシーケンサーはこの数値は基本かとも思いますので、比較的自分が思い描いているような突っ込みや溜めなどは再現できるかと思います。
ただ、ニュアンスも含む問題かとも思いますので、簡単か?というと結構手間なものなのかもしれません。
それこそ、一つ一つ違う強さになると思いますし、コンプレッサーをかけるのであればそのかかり具合なども考慮しなければいけないと思います。
やっぱりちょっと手間なのかも知れませんね。
プラグインソフトが優秀であればまた話は変わり、簡単になるパターンも出てくるかとは思うのですが...。
的を得ていない答えですみません。(涙)
Posted by taka at 2010年01月02日 16:33
mellencampさん>
そんな事実があったとは...Σ( ̄ロ ̄lll)
知りませんでした。
なるほど、早速YouTubeをチェックしてみたいと思います!!
その事実を聞いたあとに本物を聴くとまた違った印象になるはずですね。(汗)
Posted by taka at 2010年01月02日 16:37
hIdEさん>
この曲を知ったのはアルバムが発売されてから大分経った頃の話です。
というか、あの時はまだ19歳でしたから...。(汗)
この曲をマジマジと聴いたのは27歳とかそんなんですよ。
Posted by taka at 2010年01月02日 16:39
答えて頂いたのにお礼も言わないで
すみません。有難うございましたm(__)m

ROCKのヘビーなノリが
再現出来ればOKで重要だと思ってます。

Superior Drummer 2.0ってのに
注目しているのですが・・・

3万以上して高いのが痛いですが
マシーン買うと思えば・・・
こんなもんですかね(^_^;)
Posted by Heartstone at 2010年01月09日 17:48
Lenny Kravitzは 有名なアルバム持っているんですがあまり聞いてませんでした。
 この曲の原曲を聴いてみると…
  なるほど〜 と思います。

レニークラヴィッツや スティーブさらす
じゃみろくわい    
少しニュアンスが異なる まるーん5
 これらはある部分共通なものを感じます。

それと同時にこれらを演奏することにおいてハードル的なものも感じます。
 けど、橋詰君ならそのうちできるようになるでしょ、と感じます。
Posted by kow at 2010年01月12日 21:58
Heartstoneさん>
いえいえ...
まったく問題ないので、気にしないでくださいね。
こちらこそ、毎回コメントをくださり、大変に感謝しています。
音源に関しては...
デモテープや練習に使うならまだしも、人に聴かせる場合や売り物にしようとしている場合はやはり安くても2.3万円は出す必要があるのかも知れません...。
そこから先は恐らく値段が高くなるほど種類が増えるとかそんなんだろうと思います。
しかし18GBってすごいですね(汗)
DVD一枚じゃ収まらなさそうです。
早速、Demoを聴いてみました。
素晴らしいです(汗)
自分も欲しくなってしまいました。
また、もしご購入するようなことがあったらレビューなど、楽しみにしていますね。(y^^y)
Posted by taka at 2010年01月15日 04:27
kowさん>
そうですね(汗)
ある程度の自分の中での好みの傾向性はあるのかも知れません。
もう少し大きく分ければ挙げられたアーティストの他にもたくさんあるのでしょうが...
起源とか先駆者とか。
サウンドやアプローチなども含め、個人的に曖昧ではありますが傾向性を感じているつもりです。
個人的には速弾きの方に自分の限界を感じ、ハードル的なものを強く感じています。(涙)
Posted by taka at 2010年01月15日 04:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。