新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2009年10月24日

Queen of Pop! -MADONNA-

Queen of Pop! -MADONNA-Queen of Popの称号を持つMADONNA。

強烈ではないけれど、ひそかにファンだったりします。

ひそかなので、ライブ映像もまともに見たことはなく...。

アルバムの所持もいまいちなのですが。

wowowに加入されている方は必見。

今夜8時からMADONNA STICKY & SWEET TOURが放送されます。

Sticky & Sweet Tourとは?(Wikipedia)

個人的にはライブパフォーマンス全般を見てみたい。

ちょっとだけCMを見ましたが、それだけでもかっこいいなぁと感じてしまいました。

YouTubeで探してみると同Tourの映像を見ることができました。

また、先月に2枚組みベストアルバムを発売しました。

続きでは映像へのリンク、ベストアルバムなど色々と書いておきたいと思います。

 


映像はアルゼンチンで行われたライブ、今夜放送されるものの一部です。

ちなみに少し話はそれますが...

この楽曲でバックダンサーを務めている二人について...

はむつんサーブ日本人のダンスグループだということが分かりました。

「はむつんサーブ」というグループです。

詳しくはWikipediaなどをご覧ください。

はむつんサーブとは?(Wikipedia)

公式サイトへのリンクも貼っておきたいと思います。

はむつんサーブ公式サイト(パソコン専用)

はむつんサーブ公式サイト(携帯専用)

マスクをかぶっていて分かり辛いですが、この楽曲の他に同ライブ3曲ほどダンスを踊っている

ようです。

他の曲はマスクを取って素顔で踊っています。

あまり詳しくないので分からないのですが、もしかしたら振り付けも彼らがやっているのかも知れ

ませんね。

マドンナのTourに日本人が参加しているとは思いませんでした。

調べてみるものだなぁと思いました。

日本公演ならまだしも、海外公演でパフォーマンスしているなんて...。

めちゃくちゃすごいことなんじゃないか?と思います。

話しは戻り...

YouTubeだけ見てもマドンナはやっぱエンターテイナーだなぁと。

きっとライブ会場はものすごく楽しんだろうと思います。

恐らく、知らない曲だらけでその点はあまり期待できませんが...

まぁ知らない曲でもパフォーマンスだけで楽しめちゃうんでしょう。

Queen of Pop...うなずけますよね!?

本当、今夜が楽しみですね。

以下、MADONNA(wowowの番組)について色々と...

番組紹介

昨年発表した最新アルバム「ハード・キャンディー」が全世界で大ヒット、日本においてもアルバム・チャートの1位を獲得するなど“QUEEN OF POP”の称号そのままに、衰えることを知らないパワーを発揮し続けているマドンナ。2008年8月から1年にわたり展開されているワールド・ツアー「STICKY & SWEET TOUR」より12月5日にアルゼンチン・ブエノスアイレスのモニュメンタル・スタジアムで行われたライブの模様をお送りする。
 通算8度目となる今回のツアーは、ライブ・ネイションへの移籍後初のワールド・ツアーにあたり、これまでコンサートを開催していなかった都市も含め、ヨーロッパ、北・南アメリカを網羅する大規模なものとなっている。フランス・ポルトガル・スイス・ギリシア・アルゼンチン・ブラジル・アメリカ・カナダのチケットは全て完売。17都市を回ったヨーロッパツアーでは全ての会場の入場者数の記録を更新、さらにロンドンのウェンブリー・スタジアムの興行収入記録も更新するなど、各地で熱狂的に迎えられている。チケットは100万枚以上をセールス、その売り上げは2億5千万ドルを超え、前回・2006年に開催した「CONFESSIONS TOUR」の売り上げを軽く突破する記録尽くめのツアーとなった。
 その中でもアルゼンチンは、96年に製作されたマドンナ主演映画『エビータ』の舞台となった国ということもあり、観客のボルテージは最高潮。その熱狂ぶりは、同じモニュメンタル・スタジアムで行なわれるサッカーの試合をも凌駕しそうなほどで、映像を通しても思わず現地にいるかのような感覚に陥ることだろう。
 ツアーのたびに絶賛されるパフォーマンスは今回も健在。16人のダンサー、12人のミュージシャンを従えて繰り出されるスピーディかつ切れのいいダンス、エネルギッシュなヴォーカル、アグレッシブなギター演奏、さらには曲の中でダブルダッチ(2本の縄を使って行う縄跳び)に挑戦するなど、年齢を感じさせない精力的なパフォーマンスで超満員に膨れ上がった観衆を魅了していく。加えて、ステージを取り巻くように配置されたモニターを通して、ジャスティン・ティンバーレイクやカニエ・ウェスト、ブリトニー・スピアーズとのコラボレーションも実現するなど、随所にエンターテインメントとしての華やかさがちりばめられ、数々のパフォーマンスと相まって一大スペクタクルと化している。
 「マイルズ・アウェイ」や「フォー・ミニッツ」など「ハード・キャンディー」からのナンバーだけでなく、「ラ・イスラ・ボニータ」「ライク・ア・プレイヤー」「ヴォーグ」といったヒット・チューンも飛び出す渾身のセット・リストに時間の経つのも忘れるほど。極めつけは上記『エビータ』でアカデミー賞に輝いた楽曲「ユー・マスト・ラブ・ミー」を切々と歌うなど、全編にマドンナの足跡と魅力が詰め込まれた一夜。世界が絶賛した最新ツアーをあなただけのものにしてほしい。
引用wowow


09年9月22日に発売されたマドンナの2枚組みベストアルバム「Celebration」に関して。

携帯から閲覧されている方は以下のリンクから。

Celebration(携帯専用リンク)

YouTubeで演奏していた「Ray of Light」も収録されています。

また、Warner Music Japanのマドンナ公式サイトでは同アルバム

の楽曲を多数試聴できます。

パソコン専用のサイトになります。

サイト閲覧にあたって注意が一点。

音声が結構な音量で自動再生されます。

深夜のクリック、ヘッドフォン使用などは注意してくださいね。

音量を設定する箇所がなく、オンオフしかありません。

サイト上部の中央あたりにありますので、必要に応じ操作してください。

マドンナ公式サイト(Warner Music Japan)

以下、ベストアルバム「Celebration」に収録されている曲目のセットリストです。

ディスク:1
1. Hung Up
2. Music
3. Vogue
4. 4 Minutes
5. Holiday
6. Everybody
7. Like a Virgin
8. Into the Groove
9. Like a Prayer
10. Ray of Light
11. Sorry
12. Express Yourself
13. Open Your Heart
14. Borderline
15. Secret
16. Erotica
17. Justify My Love
18. Revolver

ディスク:2
1. Dress You Up
2. Material Girl
3. Isla Bonita
4. Papa Don't Preach
5. Lucky Star
6. Burning Up
7. Crazy for You
8. Who's That Girl
9. Frozen
10. Miles Away
11. Take a Bow
12. Live to Tell
13. Beautiful Stranger
14. Hollywood
15. Die Another Day
16. Don't Tell Me
17. Cherish
18. Celebration

2枚組み計36曲、かなりのボリュームですね。

なんか「American Life」が入っていない(涙)なんていう書き込みを目にしたりしましたが...

個人的にはその曲は所持しているので、別に大丈夫かなと。(笑)

詳しくはよく分かりませんが、大人の事情でもあるのでしょうか!?

とはいえ、そこまで楽曲を聴きこんでいないので、このベストがどうとかこうとかは正直分かりま

せん。

とりあえず、これだけたくさんあれば大丈夫かな?程度です。

一応、マドンナに詳しい人の意見も聞いてみたいと思います。

FREQUENCE.(橋詰隆志)
posted by taka at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト・CD | Edit

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。