新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2009年06月20日

CARVIN X-100B(音源あり)



*音源はパソコンからしか聴くことができません。

CARVIN X-100B*写真はクリックで拡大します。

先日に触れたアンプに関して...

新しいアンプを買った(音源あり)(6月14日)

どちらかというと不本意な音だったので録り直してみました。

ショートスケールのギター、フロントシングルで弾いています。

個人的にはこういった音が出したくて購入したアンプだったので。

まだまだ使い勝手がよく分かりませんが、今の実力だとこんな感じです。

エフェクトはうっすらReverbとDelayをかけています。

後がけ、原音には重ならないようにセットしましたから、ほぼ原音そのままです。

ちなみに下の音源はミステイクですが、Grooveが良かったので載せました。

 
EQの設定として、プリアンプの部分ではほとんどGainを上げていません。

ほぼパワーアンプで歪ませているような感じですね。

25%ほどパワーダウンして使っていますし、それほど音量の問題はないかと思います。

100wの25%なので、単純計算で25wな感じです。

一つ、プリアンプのEQで独特なセッティングをしたなぁと思ったことがあります。

MIDの数値です。

実は2までしか上げていないんですね。

私が所持しているアンプの中では独特な感じでした。

ちなみに他のツマミは7とか8近辺です。

一番は弾いていて楽しいということ。

今まで感じたことが無いような感覚を味わい、時間を忘れて楽しんでいます。

アンプが変わったので多少フレーズや弾き方も変わりましたし。

気分転換や自分の曲などにも積極的に使っていけるものになりそうです。

おのずと弾く時間も増えますし、良いトレーニングにもなりますね。

しばらくはこのアンプと格闘...までは行かないですが、あぁだこぉだやりたいと思います。

FREQUENCE.(橋詰隆志)
posted by taka at 18:33 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音源 | Edit

この記事へのコメント
良い音ですね!
Posted by 真空飛び膝蹴り at 2010年08月11日 23:04
真空飛び膝蹴りさん>
返信が遅くなりまして、大変に申し訳ありませんでした。
また、コメント、本当にありがとうございます。
ちなみに、真空飛び膝蹴りさんは何か真空管アンプは使用になられていますか?
何か、情報をお持ちのようでしたら、ぜひ共有させていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by taka(橋詰隆志) at 2010年08月14日 13:43
おお!
これは、こちらこそ返事が遅れました大変失礼しました!

僕は、最近チューブアンプに目覚め、BUGERA 333XL というのを買いました。
ハイゲインなアンプなので、浅い歪みの出るアンプが欲しいなと探している時に候補に上がったのが、X100Bでした。
で、takaさんが音源をアップされていて、「この音だ! これだ!」と早速注文しました。
でも、よくよく調べてみると、X100Bって4世代あるんですよね。
そして、EL34だったり、6L6だったり(笑)。
takaさんのは、現行の4代目ではないように思いますが、いつのですか?
チューブはEL34、6L6、どちらですか?
takaさんが出しているような音はEL84じゃないと出しにくいものだと思ってたので、それなりに歪むX100Bでも出せるというのが驚きでした。
V3も考えたのですが、実は今でも買おうか迷っているのですが、V3も基本はハイゲン系なので、クリーンやブルージーな歪みはあまり得意ではないかな、と思いつつ、youtubeで見るとクリーンやローゲインでもいい音が出てたりするので、迷ってしまいます(笑)。
また、来ます!
Posted by 真空飛び膝蹴り at 2010年09月23日 09:58
真空飛び膝蹴りさん>
BUGERA!!購入したんですね( ̄▽ ̄)ノ
私もずっと気になっていたアンプでした。
私の師はBUGERA1960も気になるね...と言っていました。
333XLは私も気になっていたので...その後どのような調子か気になります(笑)
後は、BUGERAの電源が100V仕様になっているのか?という点です。
また、お時間がありましたらその辺もぜひ教えていただきたいと思います。
また、X100Bが4世代もあり、現行モデルさえあるとは知りませんでした(涙)
私の使用しているのは...詳しくは分かりませんが、おそらく3世代目かと思います。
また、真空管に関してですが、EL34を使用しています。
V3は独立の3チャンネルなんですね。
やはり、便利なはずの「5バンドグラフィックイコライザー」を使いこなすのに結構な時間がかかってしまいました。
慣れてしまうと、たくさんんおサウンドが出せるということで飽きないアンプということになるのかも知れませんが...。
また、このイコライザーは効きますね。
本当に少しいじっただけで大分変わります。
しかし...CARVINは庶民の味方というか、安価なアンプですね。
そうそう。
ちなみに私が使ってる第3世代と思しきX-100Bは120V仕様でしたので、電源装置を使用しています。
Posted by taka(橋詰隆志) at 2010年09月26日 19:26
333XLは、JSXを意識して作られてるっぽいです。
ただ、僕にはハイゲン過ぎて手に負えません(^^;
とても良いアンプで、コストパフォーマンスは異常に良いと思います。

でも、BUGERAは安くて良いアンプを作ってると思います(真似ばかりだから何とも言えませんが…)。
僕のは100Vになってますよ。
日本国内で日本向けの仕様を選べば、直輸入(並行輸入)のものを買わない限り、恐らく100V仕様になっているはずです。

BUGERA1960はYoutubeで見ると、良い音が出ていました。
ただ、マスターが無いっぽいので、アッテネーターをかまさないと日本の家はキツそうですよね。

X100Bは、4世代あってもX100BはX100Bなんでしょうね。
マニアックな人たちは、いつでも少しの差を見逃しません。
細かいところでは微妙な違いはあるのでしょうけど、大体の人間にとってはそこまではわかりません(笑)。
CARVINは、JASON BECKERが使っていたり、STEVE VAIはシグネイチャーモデルを出していたり、何気に良いメーカーなのかもしれません。
Posted by 真空飛び膝蹴り at 2010年10月05日 15:57
真空飛び膝蹴りさん>
返信が遅くなり、大変に申し訳ないです。
なるほど、333XLがJSXを意識して作られているということなど、まったく知りませんでした。
JSXは実際に演奏したことが無いためネットなどの情報しかないのですが...何となくでも理解したように思います。

BUGERA、100V情報、ありがとうございました。
とても安心できる情報でした。
あちらの電圧は大分高いですもんね。
少し心配していたのですが、これで安心して購入を考えることができるようになります。(笑)

BUGERA1960、まさにその通りだと思います。
ネーミングもそうですが、Marshall1959を持ってきた...ということなんでしょうね。

個人的には3世代と4世代の音を聞き比べみたい気はしますが...
微妙な違いというのも容易に想像できますね(汗)
JASON BECKERといい、STEVE VAIといい...ギタリスト目線のアンプメーカーという印象をもてますよね?
アマチュアギタリストのこともよく分かっているアンプメーカーだと理解しています。
Posted by taka(橋詰隆志) at 2010年10月12日 04:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。