新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
2009年05月09日

Eruptionを上手に弾く人



Peter Thorn
プロデューサー、Linda Perryのスタジオ・ギタリストとして、Peter ThornはCourtney Love、Alicia Keys、Daniel Powter、Ben Jelen、その他大勢のアーティストたちのアルバムに参加、Linda Perryとのスタジオ・セッションや、Soundgarden/Audioslaveのカリスマ・ボーカリスト、Chris Cornellの150本以上にも及ぶ

1分35秒らへん以降は機材についての説明だけで特に演奏はしません。

TCエレクトロニック製の機材をリサーチしたことがある方なら、ご存知の方かもしれません。

TCエレクトロニック日本支社

上記のサイトの右下の方にPeter Thorn関連の記事が掲載されています。

 
元々、私もTCエレクトロニックの機材をリサーチしていてPeter Thornを見かけました。

それこそ、Nova SystemとかG-Forceとかその辺です。

彼のコンパクトなシステムも参考になる箇所がいくつもありました。

TCの機材を組み込んだすごくシンプルなシステムです。

空港→日本武道館(1曲)→空港(1泊2日)なんていうスケジュール。

時間との勝負、シンプルさとの勝負というのはすごくよく分かります。

さて...

Peter Thornさん、Van HalenのEruptionを本当に上手に弾きますねぇ。

一瞬、本人と間違うかというくらいでした(汗)

動画で話していますが、アンプはEVH 5150の3を使用しているようです。

好きなんだなぁきっと。(o;TωT)o"

ちなみに、上で紹介した動画はPART1とのこと。

この他にも動画は続き、4とか5まであるようです。

そこではPARTごとにゆっくりと、どのように弾いているのか解説してくれます。

全部を見たわけではないのですが...

ざっと見た感じでは、すごく分かりやすく説明をしていたように思いました。

興味のある方は直接YouTubeへ行き、関連動画から検索してみてください。

最近、Eddie Van Halenに注目しています。(かなり個人的な話し)

そんな感じでしたから、なお更のことPeter Thornに興味がいってしまったわけです。

Peter Thornは何度か日本でも公演をしたこともあるようですね。

ソロというよりかは誰かのバックでということでしょう。

TCエレクトロニックのプレゼンか何かで来日することがあれば見てみたいなぁと思いました。

何だか、来日してくれそうな匂いを勝手に感じとっています(汗)

以下、Peter Thorn関連のページをリンクしておきます。

Peter Thorn オフィシャル・ウェブサイト音声自動再生注意!!
Chris Cornell オフィシャル・ウェブサイト>←音声自動再生注意!!

FREQUENCE.(橋詰隆志)
posted by taka at 11:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | YouTube | Edit

この記事へのコメント
まんま本人と同じにきこえる・・・CD?www
Posted by hIdE at 2009年05月11日 21:23
hIdEさん>
そうですね、ドラムとベースが入っていればCDに大分近くなりますよね。
Posted by taka at 2009年05月12日 12:48
サイトでeruptionをあさってたらあるサイトで話題になってた演奏なんですが…凄い本物に近いです。
http://musictrack.jp/musics/27486
Posted by 見習いギタリスト at 2010年10月08日 15:29
見習いギタリストさん>
コメント、ありがとうございました。
また、返信が遅れてしまい、ごめんなさい。
この後、早速覗きに行ってみますね。
情報、ありがとうございました。
また、同じような情報、もちろんそれ以外でもかまいませんが、持っているようでしたら、ぜひ教えてください。
どんどん共有できればと思います。
また、よろしくお願いいたします。
Posted by taka(橋詰隆志) at 2010年10月12日 04:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


-コメント投稿に関しての注意事項-
*ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
*記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。

この記事へのトラックバック
このページの先頭へ
新規ブログへの移行と当ブログ更新休止のお知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。